サザナミインコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サザナミインコ
サザナミインコ ノーマル
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: オウム目 Psittaciformes
: インコ科 Psittacidae
: サザナミインコ属 Bolborhynchus
: サザナミインコ B. lineola
学名
Bolborhynchus lineola
(Cassin, 1853)
和名
サザナミインコ
英名
Barred Parakeet
Lineolated Parakeet
Catherine Parakeet

サザナミインコ(学名Bolborhynchus lineola)は、オウム目インコ科サザナミインコ属。 南米の山岳地帯に生息している。近年、静かなインコで色のバリエーションが増え注目されている飼い鳥である。

分布[編集]

南アメリカ、西パナマ、ベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア山岳地の涼しい森林地帯に生息する。

形態[編集]

体長は約15cm、体重は40-60g程度になる。品種改良によって色変わりが多数存在し、羽毛の色は緑色の他コバルト、モーブ、イエローなど多色に渡っている。

特徴[編集]

フルーツを好み水遊びが好きな鳥であるとされる。野生では、群れを作って生活する。軟便(水っぽい便)である。いったん鳴き始めると、その鳴き声は意外と大きいので、静かなインコとされている分、意外な一面を持ち合わせている。動作はスローで、仕草はコニュアに類似している。

性別判断[編集]

外見からの判定は非常に難しい。

色変わり[編集]

ノーマル:グリーン
ルチノー:黄色の赤目が特長
クリームイノ(ターコイズイノ):不完全な青色のターコイズがベースなので白色ではなくクリーム色の赤目。
ターコイズ:一般にブルーと呼ばれているがparblue(partial blue)で不完全な青色。
SLグレイウイング:シングルファクタとダブルファクタが有り、スパングルとも呼ばれているが、日本だけである。雌のダブルファクタは存在しない。
ダークファクタ:シングルファクタとダブルファクタが有る。ノーマルの場合、ダーク、オリーブと呼ばれ、ターコイズの場合、コバルト、モーブと呼ばれる。
バイオレットファクタ:シングルファクタとダブルファクタが有る。

飼育[編集]

寿命10年ほどであるが、中には15年生きる個体もある。個体差や栄養・運動といった飼育環境など飼主に寄るところも大きい。 水浴びを好んで行う個体が多い。2000メートルの山の上に住んでいるので、冬場でも寒さに強いが、暑さには弱い。 鳴き声がモグモグして気にならないとされる。 臆病な個体が多いが、慣らすと手乗りになる。

執筆の途中です この項目「サザナミインコ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類