サウス・オブ・ヘヴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サウス・オブ・ヘヴン
スレイヤースタジオ・アルバム
リリース 1988年7月5日
ジャンル スラッシュメタル
時間 36分57秒
レーベル デフ・アメリカン・レコーディングス
プロデュース リック・ルービン、スレイヤー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 57位(アメリカ)
  • 25位(イギリス)[1]
  • 50位(スウェーデン)[2]
スレイヤー 年表
レイン・イン・ブラッド
(1986年)
サウス・オブ・ヘヴン
(1988年)
シーズンズ・イン・ジ・アビス
(1990年)
テンプレートを表示

サウス・オブ・ヘヴン』(South of Heaven)は、スレイヤー1988年に発表した4作目のアルバム。

解説[編集]

前作『レイン・イン・ブラッド』(1986年)をバンドと共同プロデュースしたリック・ルービンが、デフ・ジャムを離れて新レーベルのデフ・アメリカン・レコーディングス(後のアメリカン・レコーディングス)を設立したのに伴い、スレイヤーも同レーベルに移籍した。ルービンは、前作に引き続き本作のプロデュースも務めている。

音楽的には、前3作とは違ってスロー・テンポやミドル・テンポの楽曲が増えており、アレックス・ヘンダーソンは、allmusic.comにおいて「スレイヤーはこの4作目で、ヘヴィネスを微塵たりとも犠牲にせず、ポップな要素を取り入れることもなく、テンポを遅くするようになった」と評している[3]。また、ボーカリストのトム・アラヤは、映画『レス・ザン・ゼロ』(1988年公開)のサウンドトラックに提供した「イン-ア-ガダ-ダ-ヴィダ」(アイアン・バタフライのカヴァー)で、叫ぶだけでなく歌詞を重視したボーカル・スタイルに変化しており、本作でもそうした歌唱が披露された[4]。ただし、こうした変化のため発表当時は物議を醸し、日本の音楽雑誌でも否定的なレビューが掲載される例もあったという[4]

「ディシデント・アグレッサー」は、ジューダス・プリーストがアルバム『背信の門』(1977年)で発表した楽曲のカヴァー。

収録曲[編集]

  1. サウス・オブ・ヘヴン - "South of Heaven" - 4:58
    • 作詞:トム・アラヤ/作曲:ジェフ・ハンネマン
  2. サイレント・スクリーム - "Silent Scream" - 3:06
    • 作詞:トム・アラヤ/作曲:ジェフ・ハンネマン、ケリー・キング
  3. ライヴ・アンデッド - "Live Undead" - 3:50
    • 作詞:トム・アラヤ、ケリー・キング/作曲:ジェフ・ハンネマン
  4. 十字架の裏側 - "Behind the Crooked Cross" - 3:14
    • 作詞・作曲:ジェフ・ハンネマン
  5. マンダトリー・スイサイド - "Mandatory Suicide" - 4:05
    • 作詞:トム・アラヤ、ジェフ・ハンネマン/作曲:ケリー・キング
  6. ゴースツ・オブ・ウォー - "Ghosts of War" - 3:53
    • 作詞:ケリー・キング/作曲:ジェフ・ハンネマン、ケリー・キング
  7. リード・ビトゥイーン・ザ・ライズ - "Read Between the Lies" - 3:20
    • 作詞:トム・アラヤ、ケリー・キング/作曲:ジェフ・ハンネマン
  8. クレンズ・ザ・ソウル - "Cleanse the Soul" - 3:01
    • 作詞:トム・アラヤ、ケリー・キング/作曲:ジェフ・ハンネマン
  9. ディシデント・アグレッサー - "Dissident Aggressor" - 2:35
  10. スピル・ザ・ブラッド - "Spill the Blood" - 4:49
    • 作詞・作曲:ジェフ・ハンネマン

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ChartArchive - Slayer - South Of Heaven
  2. ^ swedishcharts.com - Slayer - South Of Heaven
  3. ^ allmusic (((South of Heaven > Overview)))
  4. ^ a b 日本盤CD(SICP 2351)ライナーノーツ(有島博志、1998年7月26日)