ゴーザフォス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夏の、東側の岸から見るゴーザフォス。
冬のゴーザフォス。

ゴーザフォスアイスランド語Goðafoss。「神(神々)の滝」または「ゴジの滝」の意)は、アイスランドにおける最も壮観なの1つである。 それはアイスランドの北中央部のミーヴァトン地区、スプレィンギサンドゥル高地道路(highland road)の始まる場所に位置している。 スキャゥルファンダフリョゥト川の水が、30m以上の幅で高さ12mの位置から流れ落ちている。

999年1000年に、法官のリョーサンヴァトンのソルゲイル・ソルケルスソンキリスト教をアイスランドの国教に定めた。 改宗した後、アルシングから帰る途中、ソルゲイルは滝の中に、彼が持っていた北欧古来の神の像を投げ入れた。 ソルゲイルの物語は、アリ・ソルギルスソン(Ari Þorgilsson)の『アイスランド人の書』(Íslendingabók)に残されている。

アークレイリにある教会の窓(ステンドグラス)にはこの物語が描かれている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯65度40分48秒 西経17度32分24秒 / 北緯65.68000度 西経17.54000度 / 65.68000; -17.54000