アリ・ソルギルスソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
これはアイスランド人の名前です。姓にみえる部分は父称あるいは母称であり、の名前としてのではありません。この記事で取り扱っている人物は、正式には個人名アリ・フロージで呼ばれます。

アリ・フロージ・ソルギルスソンアイスランド語:Ari fróði Þorgilsson1067年 - 1148年)は、アイスランド出身の歴史学者司教

主著は1120年代に著されたとされる[1]初期のアイスランドの歴史を伝える史実に基づく作品アイスランド人の書』である。また、アリは北欧ラテン語に限らず自国語のアイスランド語で作品を著したことから北欧史家の始祖と称された[2]。その後はアイスランドの詩人歴史家政治家であるスノッリ・ストゥルルソンに引用される。

若い頃、神学と北欧史を修めて[2]聖職者としての教育を受け、「賢者」または「学者」とあだ名された[1][3]。しかし、それ以外のアリの生涯の記録不明である。

脚注[編集]

  1. ^ a b 荒川明久『アーリ・ソルギルソン[リンク切れ] - Yahoo!百科事典
  2. ^ a b 万有百科大事典 1973, p. 28.
  3. ^ アリ・ソルギルスソンとは - コトバンク、2013年2月18日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]