ゴスプラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴスプラン(ソ連国家計画委員会、Госплан・Государственный комитет по планированию)は、ソ連における生産計画を決定する国家組織。ソ連における計画経済を実現するために、経済動態を把握し、需給のバランスを計算した上で具体的な計画を立案した。

概要[編集]

  • 1921年2月22日 RSFSR State Planning Commission として設立
  • 1923年8月21日 ソビエト連邦設立とともにthe USSR State Planning Commission に改称
  • 1955年5月 USSR Council of Ministers State Commission for Perspective Planning と USSR Council of Ministers Economical Commission for Current Planning of State Economy に分割される
  • 1991年 ソビエト崩壊とともに消滅

組織[編集]