ヴァシリー・クズネツォフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Kuznetsov

ヴァシリー・ヴァシリエーヴィチ・クズネツォフロシア語: Василий Васильевич КузнецовVasilii Vasilyevich Kuznetsovワシリー・クズネツォフ1901年2月13日 - 1990年6月5日)は、ソビエト連邦政治家外交官

来歴・人物[編集]

ユリウス暦1901年1月31日(グレゴリオ暦2月13日)コストロマ州ソフィロフカに生まれる。1927年ソ連共産党に入党する。1931年から1933年までアメリカに渡っている。帰国後、1940年代初頭から党と国家の諸機関で勤務し、1955年ソ連第一外務次官を経て、ブレジネフ時代の1977年最高会議幹部会第一副議長に就任した。ブレジネフの死後、1982年から1983年まで幹部会議長代行を務める。以後、1984年1985年に最高会議幹部会議長を兼務したアンドロポフチェルネンコの両書記長の死後、議長代行を務めた。1986年年金生活入りした。

1990年6月5日、翌年のソ連8月クーデターを見ることなく89歳で死去。

先代:
レオニード・ブレジネフ
ソ連最高会議幹部会議長代行
1982年 - 1983年
次代:
ユーリ・アンドロポフ
先代:
ユーリ・アンドロポフ
ソ連最高会議幹部会議長代行
1984年
次代:
コンスタンチン・チェルネンコ
先代:
コンスタンチン・チェルネンコ
ソ連最高会議幹部会議長代行
1985年
次代:
アンドレイ・グロムイコ