コンスタンティン・ロクテフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
男子アイスホッケー
オリンピック
1960 スコーバレー 団体
1964 インスブルック 団体
アイスホッケー世界選手権
1957 モスクワ 団体
1958 オスロ 団体
1959 チェコスロバキア 団体
1961 スイス 団体
1965 タンペレ 団体
1966 リュブリャナ 団体

コンスタンティン・ロクテフロシア語: Константин Борисович Локтев, ラテン文字転写: Konstantin Loktev1933年4月16日-1996年11月4日)はソビエト連邦モスクワ出身のアイスホッケー選手。指導者。現役時代のポジションは右ウィング[1]

経歴[編集]

1952年、HCスパルタク・モスクワでキャリアをスタートした。翌シーズンにはODOレニングラードに移り、1954年から1967年まではHC CSKAモスクワでプレーした。この間チームはソビエト選手権を9回優勝している。1959年にはヴィクトル・ヤクシェフと共に21得点をあげて得点王になった[2]。1954年から1967年まで340試合に出場し213得点をあげた。

ソビエト連邦代表としても、1957年にセンターのアレクサンドル・アルメトフ、左ウィングのベンヤミン・アレクサンドロフと共に第1ラインを構成、ソ連のホッケー史上優れたトロイカの1つとなった[1]。ロクテフは代表113試合に出場し83得点をあげた[2][3][4]

1957年アイスホッケー世界選手権では11得点、7アシストの18ポイントをあげてソ連の銀メダルに貢献した。1966年アイスホッケー世界選手権では最優秀フォワードに選ばれている[2]。1960年のスコーバレーオリンピックで銅メダル、1964年のインスブルックオリンピックで金メダル、世界選手権では1965年、1966年と2回優勝している。

現役引退後、アナトリ・タラソフの下でアシスタントコーチを務め、1974年にアナトリ・タラソフが勇退した際、HC CSKAモスクワのヘッドコーチに就任した[1][3]。1975年暮れから1976年新年にかけてのスーパーシリーズに参戦した。大晦日に行われたモントリオール・カナディアンズとの引き分けに終わった試合は北米では知られている[1][3]フィラデルフィア・フライヤーズとの試合で、反則まがいのチェックでワレリー・ハルラモフが脳震盪を起こしたりしたため、第1ピリオド終了後、選手を退場させた。

1976年から1977年にボリス・クラーギンの元でソ連代表のアシスタントコーチになり、1976年のインスブルックオリンピックでは金メダルを獲得したものの、同年のアイスホッケー世界選手権、1977年アイスホッケー世界選手権で代表が銅メダルに終わった後、ヴィクトル・チーホノフに代表及びCSKAでの地位を奪われた[3]

その後、ポーランドHCレギア・ワルシャワ、ブルガリアのHC CSKAソフィア、ソ連のSKAノヴォシビルスクなどのコーチを務めた。1993年から1994年まではロシアアイスホッケー協会の副会長を務めた[2]

1964年に名誉スポーツマスターに[1]、2007年に国際アイスホッケー連盟殿堂に選ばれている[4]

人物[編集]

アレクサンドロフのようにエレガントなプレーではなく、アルメトフのような冷静さは持っていなかったが彼は最もタフな選手であった[1]。また小柄だった彼はラフプレイヤーであり、ソ連ホッケー協会から何度も罰金を受けた[3]

主な受賞歴[編集]

  • ソビエト選手権優勝9回(1955年、1956年、1958年-1961年、1963年-1966年)[2]
  • オリンピック金メダル1回(1964年)、銅メダル1回(1960年)
  • 世界選手権優勝2回、準優勝3回、3位1回
  • 世界選手権最多ポイント(1957年)
  • 世界選手権ベストフォワード(1966年)
  • 世界選手権オールスター(1965年、1966年)
  • ソビエトリーグ得点王(1959年)
  • ソビエトリーグオールスター5回(1957年-1960年、1965年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f Konstantin Loktev”. chidlovski.com. 2011年8月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e Biography and Olympic Results”. sports-reference.com. 2011年8月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e Joe Pelletier. “Konstantin Loktev”. internationalhockeylegends.blogspot.com. 2011年8月27日閲覧。
  4. ^ a b Team CCCP Players Info”. chidlovski.net. 2011年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]