アレクサンドル・アルメトフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
男子アイスホッケー
オリンピック
1960 スコーバレー 団体
1964 インスブルック 団体
アイスホッケー世界選手権
1961 スイス 団体
1963 ストックホルム 団体
1965 タンペレ 団体
1966 リュブリャナ 団体
1967 ウィーン 団体

アレクサンドル・アルメトフロシア語: Александр Давлетович Альметов, ラテン文字転写: Aleksandr Almetov1940年1月18日-1992年1月18日)はソビエト連邦キエフ出身のアイスホッケー選手。ポジションはセンター

経歴[編集]

キエフで生まれたが独ソ戦の勃発に伴い、彼の家族はモスクワ近郊に脱出し、彼はそこで育った。フセヴォロド・ボブロフにあこがれたアルメトフはアイスホッケー選手を目指すようになった[1]。14歳のときにアナトリ・タラソフに見出された[2]

1958年にHC CSKAモスクワに入団し、リーグ優勝7回(1959年-1961年、1963年-1966年)、1964年には得点王にもなった[1]

ソビエト連邦代表としても、1959年から1967年までプレーし、右ウィングのコンスタンティン・ロクテフ、左ウィングのベンヤミン・アレクサンドロフと共に第1ラインを構成、ソ連のホッケー史上優れたトロイカの1つとなった[2][1][3][4][5]。1960年のスコーバレーオリンピックでは銅メダル、1964年のインスブルックオリンピックでは全8試合に出場し5得点をあげて金メダル獲得に貢献した。アイスホッケー世界選手権でも1963年から1967年まで5連覇(1964年はオリンピックが世界選手権にもなっている。)を果たしたメンバーの1人である。労働赤旗勲章英語版を受賞した。

1967年に飲酒問題やチームの規律を乱したことでCSKAモスクワを追放され、27歳の若さで彼は現役を引退した[1]。その後CSKAモスクワのジュニアチームのコーチに就任したが飲酒問題により、その職も失い、その後20年ほど墓堀りを続けた[1]。1990年、妻と共にアメリカ合衆国に移住したが1年も経たずにソ連に帰国、1992年モスクワで肺炎のため亡くなった[1]

1963年に名誉スポーツマスターに選ばれた[6][7]

人物[編集]

優れたディフェンシブフォワードであり、彼はキルプレー(味方選手が退場になり氷上の選手が少ない状態)における大黒柱であった[2]。冷静さを持った選手であった[3]

主な受賞歴[編集]

  • オリンピック金メダル1回(1964年)、銅メダル1回(1960年)
  • 世界選手権優勝4回、3位1回
  • 世界選手権オールスター(1965年、1967年)[6]
  • ソビエトリーグ得点王(1964年)[6]
  • ソビエトリーグオールスター3回(1961年-1963年)[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f Biography and Olympic Results”. sports-reference.com. 2011年8月27日閲覧。
  2. ^ a b c Joe Pelletier. “Alexander Almetov”. internationalhockeylegends.blogspot.com. 2011年8月27日閲覧。
  3. ^ a b Konstantin Loktev”. chidlovski.com. 2011年8月27日閲覧。
  4. ^ Top Lines Info”. chidlovski.net. 2011年8月27日閲覧。
  5. ^ THE BEST HOCKEY LINES”. chidlovski.com. 2011年8月27日閲覧。
  6. ^ a b c d Team CCCP Players Info”. chidlovski.net. 2011年8月27日閲覧。
  7. ^ "Russina Hall of Fame":USSR Merited Sports Masters, All USSR ZMS (1948-2000)”. chidlovski.com. 2011年8月27日閲覧。

外部リンク[編集]