コルネリウス・ヤンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コルネリウス・ヤンセン

コルネリウス・ヤンセン(Cornelius Jansen、1585年10月28日 - 1638年5月6日)は、17世紀ネーデルラントカトリック神学者ラテン語風にはジャンセニウス(Jansenius)とも書く。

概略[編集]

ヘルダーラント州に生まれる。1602年ルーヴェン大学に入学する。在学中はイエズス会とミシェル・バイウス(Michael Baius)の神学上の争いにまきこまれ、結局は後者の「アウグスティヌス派」に与し、後にアベ・ド・サン・シランと呼ばれるジャン・デュヴェルジェ・ド・オランヌを友とする。学位を取得し、環境を変えてギリシア語を学ぶためにパリに赴く。バイヨンヌ近郊デュヴェルジェの司教学校で、数年間は教鞭をとる。余暇はデュヴェルジェの初期の祖先について研究したり、教会改革について計画するのに費やされた。

1616年にルーヴェンに戻り、南ネーデルラントの神学生のための寮学校で教える。ヤンセンはイエズス会から独立した学校組織をつくろうと試み、その意図を疑われてイエズス会により2回もスペインに送られ、2度目は危うく異端審問を逃れている。1630年にルーヴェン大学の聖書解釈の教授に任命され、1636年にイーペル教区の司教に任命された。その2年後にヤンセンは死去し、著作『アウグスティヌス―人間の本性の健全さについて(Augustinus;humanae naturae sanitate)』が、彼の死後の1640年に遺作として発表された。 生前に公表された政治的文書としては『Mars gallicus 』(1635年)がある。

参考文献[編集]

  • Louis Cognet, Le jansénisme, Paris, PUF, collection « Que sais-je ? » n°960, 1967. 978-2-13-038900-2
  • Hervé Hasquin (dir.), Dictionnaire d'histoire de Belgique. Vingt siècles d'institutions, les hommes, les faits, Bruxelles, Didier Hatier, 1988, p. 260.

日本語訳[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]