コモンデスアダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コモンデスアダー
コモンデスアダー
コモンデスアダー Acanthophis antarcticus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: コブラ科 Elapidae
: デスアダー属 Acanthophis
: コモンデスアダー A. antarcticus
学名
Acanthophis antarcticus
(Shaw & Nodder, 1802)
和名
コモンデスアダー
英名
Common death adder

コモンデスアダー (Acanthophis antarcticus) は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目コブラ科デスアダー属に分類されるヘビ。特定動物。有毒

分布[編集]

オーストラリア

形態[編集]

全長は60-90cm。体色は砂地に目立ちにくい茶褐色もしくは灰褐色。頭は三角形で、瞳孔は縦長。

[編集]

毒性は神経毒で、オーストラリアでは最も危険なヘビの1つ。死亡率は50%に達する[1]

生態[編集]

砂漠や荒れ地に潜み、棘のある尾を振って獲物のトカゲをおびき寄せて捕食する。

繁殖形態は卵胎生

体型の謎[編集]

本種はクサリヘビ科と思われていたが、研究が進むにつれ、コブラ科であることがわかってきた。本種がクサリヘビのような容貌になったのは、オーストラリア大陸にはクサリヘビが生息しないため、その代替として、本種がクサリヘビのような容貌になったといわれる。

注釈[編集]

  1. ^ 原幸治、山本洋輔『小学館の学習百科図鑑36 両生・爬虫類』小学館、1982年、160頁

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 原幸治、山本洋輔『小学館の学習百科図鑑36 両生・爬虫類』小学館、1982年、160頁
  • クリス・マティソン 『ヘビ大図鑑』、森光社、2000年、178頁。