コマンダンテ・メダリエ・ドロ級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コマンダンテ・メダリエ・ドロ級駆逐艦とは、イタリア王立海軍が計画した駆逐艦のこと。24隻が発注されたが、1943年にイタリア王国が連合国に無条件降伏したため、全て建造中、あるいは起工前に中止された。竣工した艦はなかった。

概要[編集]

ソルダティ級駆逐艦に引き続いて、2,000t級駆逐艦として1942年度計画で着工された。イタリア軍の劣勢の中、9隻はなんとか起工したものの、他の15隻は未起工のまま計画は中止され船台上の全艦が解体廃棄された。なお、竣工時からグフォ(Gufo)式レーダーを装備し、前部方位盤の上部にEC-3ter型アンテナを据える予定であった。

性能諸元[編集]

※計画時のもの

  • 艦種:駆逐艦
  • 排水量
    • 基準排水量:2,067t
    • 常備排水量:-t
    • 満載排水量:2,900t
  • 船体寸法
    • 全長:120.7m
    • 全幅:12.3m
    • 喫水:3.6m
    • 水線長:-m
  • 推進器
    • 主罐:重油専焼缶×3基
    • 主機:ギヤード・タービン2基
    • スクリュー:2軸
  • 最大出力:60,000hp
  • 燃料:重油740t
  • 最大速力:35kt
  • 航続距離:20kt/3,300海里
  • 武装
    • 13.2cm(45口径)単装両用砲:4基
    • 3.7cm(54口径)単装機関砲:12基
    • 53.3cm水上魚雷発射管3連装:2基
    • 機雷:52個

ほか

  • 乗員:272名

同型艦[編集]

起工9隻 未起工15隻

関連項目[編集]