コイーバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BOX入りのコイーバ・ロブストス。

コイーバ(英語:Cohíba)とは、キューバ共和国ハバナ州で生産されている葉巻の銘柄の1つ。

概要[編集]

1968年頃に生産開始された葉巻で、多くのユーザーに支持されている高級ブランドの一つである。個性としてはミディアムボディ~フルボディの強めの葉巻と分類される。酒類で言えば高ブランドのシャンパンのような扱いで「数多くある葉巻の中でも代表的なブランドであり、最も知名度の高い葉巻」と認識される場合が多く愛好者も多い。独特の香りを持ち、嗅げば火を付けなくても認識できるファンも存在する。100年以上の歴史を持つブランドが数多くある葉巻の中では比較的新しい部類に入ると言えるが、多くの愛好者を持ち、ロメオ y ジュリエッタパルタガス等と並ぶキューバ葉巻を代表するブランドである。

1960年代初頭、フィデル・カストロは当時、彼のチーフボディーガードだった通称「チーチョ」が吸っていた葉巻の香りと味に強く感銘を受け、「ランセロス」と名付けて愛用する様になった。その葉巻は「チーチョ」の友人、ラ・コロナ工場の葉巻職人、エドアルド・リベラが独自にブレンドした物であった。1968年頃、カストロは当時計画していた新しい葉巻工場「エル・ラギート」にエドアルド・リベラを責任者として迎え、コイーバは生産開始された。当初はキューバ共和国政府の政府要人用、外交客人用の葉巻として政府関係者しか手にする事ができなかったが、1982年に商品として一般市場に開放された。1982年に3銘柄(ランセロス、コロナス・エスペシアレス、パナテラス)が市場に開放され、1989年にロブストサイズ等を含めた数種類が一般販売可能となった。近年人気のあるシグロシリーズが発売されるようになったのは1990年代に入ってからである。

希少ブランドとして生産数を制限されており、過去においては最も入手しにくい葉巻であるとされていたが、現在はマイナー銘柄と比べても国内での入手もし易く、十分な品数が供給されていると思われる。従って「生産数制御」は広告としての言い回しか、或いは大量の贋物が出回っている可能性も推測されている。

公式な販売戦略やオフィシャル展開も近年に入ってようやく始まり、キューバの「ハバノス葉巻専売公社(Habanos S.A)」よりオフィシャルショップ等が発案されている。

種類[編集]

コイーバエスプレンディドス コイーバロブストス コイーバランセロス等が主に上げられる。ここ数年では後発のシグロ(Siglo)シリーズの人気が高い。 プレミアム物や限定生産(Edición Limitada)の物や熟成年数の高い物を選んだ一点物も多くある為、正確な種類総数を把握する事は困難であるが、現状で国内流通しているレギュラー物は以下の通り。

コイーバ・シガレット。
製品名 国内流通価格 長さ 太さ 備考
Cohiba Esplendidos 4,500 178mm 18.65mm チャーチル
Cohiba Lanceros 3,400 192mm 15.08mm パルマ・ラルガ
Cohiba Robustos 3,400 124mm 19.84mm ロブスト
Cohiba Coronas Especiales 2,900 152mm 15.08mm パルマ
Cohiba Exquisitos 2,000 125mm 14.29mm ペティ・パルマ
Cohiba Panetelas 1,600 115mm 10.32mm ミニ・パナテラ
Cohiba Siglo I 1,800 110mm 15.87mm ドゥミ・コロナ
Cohiba Siglo II 2,400 129mm 16.67mm ペティ・コロナ
Cohiba Siglo III 2,500 155mm 16.67mm コロナ
Cohiba Siglo IV 3,000 143mm 18.26mm コロナ・ゴルダ
Cohiba Siglo V 3,600 170mm 17.7mm ロンズデール
Cohiba Siglo VI 3,900 150mm 20.64mm カニョナソ
Cohiba Maduro5 Genios 5,200 140mm 20.64mm ヘニオ
Cohiba Maduro5 Magicos 4,200 115mm 20.64mm マヒコ
Cohiba Maduro5 Secretos 2,200 110mm 15.87mm セクレト

缶入りのプリトスサイズや紙巻のコイーバ銘柄も存在する。
これらは一部のコンビニや自動販売機でも購入可能。

製品名 価格 本数 備考
コイーバ ミニシガリロ  2,900 20 ドライシガリロ 機械巻き
コイーバ クラブ  3,200 20 ドライシガリロ 機械巻き
コイーバ ・シガレット 500 20 フィルター有り 紙巻き煙草 T/N値=10mg/0.6mg

その他[編集]

  • フィデル・カストロ愛用の葉巻であったとされる。
  • コイーバのロゴとしてデザインされているのは、タイノ族の横顔を模している。
  • コイーバ「COHIBA」とは、原住民タイノス・インディアンが吸っていた筒状葉を「コイーバ」と呼んだことに由来しているとされる。
  • 特命係長只野仁で主人公の只野仁が、コイーバ・シガレットを愛飲している。

関連項目[編集]