グナワ・ディフュージョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グナワ・ディフュージョン (Gnawa Diffusion)は、フランスグルノーブルに拠点を置く、フランスアルジェリアグナワ音楽バンドである。[1] グループのリード・シンガー、アマズィーグ(Amazigh タマージク語で「自由な人」の意)は、アルジェリアの作家で詩人のカテブ・ヤシーン(Kateb Yacine)の息子。グナワ音楽の強い影響を受けてはいるあ、バンドはレゲエとルーツ音楽を混合している点で注目されている。グナワ・ディフューョンは、アルジェリアで大きな人気を誇り、モロッコやフランスその他の多くの国でもよく知られている。バンドの楽曲の歌詞は、アラビア語タマージク語フランス語、そして英語で書かれる。グナワ・ディフュージョンは、1993年のアルバム『Légitime différence 』の発表を皮切りとして活動を開始した。

バンドのメンバー:

  • アマズィーグ・カテブ(Amazigh Kateb):ボーカルとギンブリ
  • ムハンマド・アブデッヌール(Mohamed Abdenour):マンドリンバンジョー、カラーカブ、コーラス
  • ピエール・ボネ(Pierre Bonnet):ベース
  • フィリープ・ボネ(Philippe Bonnet):ドラム
  • サラー・メグイバ(Salah Meguiba):キーボード、オリエンタル・パーカッション、コーラス
  • ピエール・フジエ(Pierre Feugier):ギター、コーラス、カラーカブ
  • アブドゥル・アズィーズ・マイスール(Abdel Aziz Maysour)
  • アマル・シャウイ(Amar Chaoui):パーカッション、コーラス

リードシンガーの歌詞は、しばしば論議を呼ぶ内容となっている。その主題は、アルジェリア貧困や政府における汚職についての主張、世界規模の軍事行動や帝国主義の糾弾など多岐にわたる。このバンドには強力な政治的志向は確かにあるが、同時に自己決定と改善に焦点をあてた楽曲も書いている。

ディスコグラフィー[編集]

  • 2012: Shock El Hal
  • 2007: Fucking Cowboys (D'JAMAZ Production)
  • 2003: Souk System (Warner)
  • 2002: DZ Live (Next Musique)
  • 1999: Bab el Oued - Kingston (Musisoft)[2]
  • 1997: Algeria (Melodie)
  • 1993: Légitime différence

出典[編集]

外部リンク[編集]

  • [1] -英語によるリードシンガーとのインタビュー。
  • [2] -フランス語のインタビュー。