クリストファー・タイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリストファー・タイChristopher Tye, 1505年頃 – 1572年頃)は16世紀イングランドオルガニストで、ルネサンス音楽作曲家ケンブリッジ大学オックスフォード大学の両方で音楽で博士号を取得した。1543年よりイーリー大聖堂の聖歌隊長を務めるが1561年に辞任。エドワード6世の音楽教師を務めた可能性もある。ラテン語宗教曲としては、詩篇唱ミサ曲があり、なかでもイングランドの俗謡「西風Western Wynde」を定旋律としたパロディ・ミサは、ジョン・タヴァーナージョン・シェパードの作例と並んで有名である。英国国教会のための英語祈祷文による宗教曲は、サーヴィスServiceアンセムがある。ヴァイオルコンソートのための器楽曲も多数あり、なかでも20曲以上の「イン・ノミネ」はタイの代表作として知られる。

外部リンク[編集]