クラッシュ・オブ・クラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラッシュ・オブ・クラン
ジャンル リアルタイムストラテジー
対応機種 iOSAndroid
開発元 Supercell
運営元 Supercell
運営開始日 iOS: 2012年8月2日[1]
Android: 2013年10月8日[2]
テンプレートを表示

クラッシュ・オブ・クラン』(Clash of Clans)は、Supercellによって開発、運営されているスマートフォンタブレット向けオンラインストラテジーゲーム。略称は『クラクラ』。 2012年8月2日iOS版がApp Storeでリリース[1]2013年10月8日Android版がGoogle Playでリリースされた[2]。 基本プレイは無料で、ゲーム内アイテムを有料で購入できるフリーミアムモデル。

概要[編集]

自分の村を発展させながら、他の村を襲撃し世界中のプレイヤーとランキングを競うゲームである。様々な施設を建設・アップグレードして村を発展させていくミニスケープ(箱庭ゲーム)的な要素、他プレイヤーの村に攻め込み資源を略奪するRTS的な要素、防衛設備の配置を工夫し他プレイヤーからの侵略から村を防衛するタワーディフェンス的な要素を併せ持ったゲームシステムとなっている。

プレイヤーはクランと呼ばれる最大50人からなるチームに属することができ、同一クラン内のメンバー同士で援軍を送りあったり、クランランキングを競うことができる。2014年4月9日実施のアップデートでクラン対クランで戦うクラン対戦モードが追加された[3]

コミカルなキャラクターが特徴的で、公式YouTubeチャンネルでは短編3DCGアニメーションがたびたび発表されている。また日本では2014年6月1日から3DCGのキャラクターと渡部豪太が共演するテレビCMが放送されている[4]

開発[編集]

当初は総勢5人という小さなチームで開発をスタートし、最初のバージョンは6ヶ月かけて作り上げたという[5]。最初の2ヶ月でマルチプレイができるところまで作ったあとは、4ヶ月をかけて開発スタッフ以外も含めたSupercellの全社員でテストプレイを繰り返し調整を重ねた[6]

開発にあたってはFacebookアプリのBackyard Monstersの影響を受けているという。またキャラクター構成やメインアートはアーケードゲームガントレットゲームボーイウォーズ アドバンスなどを参考にしたという[6][5]

日本展開[編集]

2013年6月以降、日本語への対応を初めとして、ガンホーパズル&ドラゴンズとのコラボレーション[7]を行ったり、Supercellの日本法人を設立し[5]前述のテレビCMの放送のほか、渋谷駅での大規模な広告を掲示する[8]など、積極的なプロモーション活動を展開している。Supercellのイルッカ・パーナネンCEOは日本はとくに重要な市場だと述べており、マーケティングやカスタマーサポート、コミュニティ運営、ローカライズに力を入れるとしている[5][9]

iOS版は当初日本語に非対応だったが、2013年6月18日に実施されたアップデートで正式に日本語に対応した[10]。またAndroid版は2013年10月のリリース当初から日本語に対応して配信開始された[2]

ゲームシステム[編集]

攻撃[編集]

村の破壊状況によって0〜3つの星が与えられる。星の獲得条件は以下の3つで、各条件を達成するごとに1つ星が加算される。

  • タウンホールを破壊する
  • 壁と装飾を除いて50%以上の設備を破壊する
  • 壁と装飾以外のすべての設備を破壊する

獲得した星がゼロなら攻撃側の敗北(防衛側の勝利)、獲得した星が1つ以上なら攻撃側の勝利(防衛側の敗北)となる。

マルチプレイ[編集]

世界中のプレイヤーが管理している村にリアルタイムに攻め込むモード。攻撃対象の村はトロフィー数が自分と同程度の村からランダムにマッチングされる。相手が強そうで勝てなさそうだったり、略奪可能な資源が少なく攻め込むメリットが無いと思えば、攻撃せず次の対戦相手を探すことも可能である。

シングルプレイ[編集]

他のプレイヤーの村ではなく、ゴブリンの村を攻撃するプレイモード。50ステージある村の配置はあらかじめ決まっていて、星を1つ以上獲得すれば次のステージへ進める。失敗しても何度でも挑戦することができる。

防衛[編集]

マルチプレイで他プレイヤーを攻撃できるように、オフラインの間は自分の村も他のプレイヤーから攻撃される可能性がある。

シールド[編集]

シールドの有効期間中は他プレイヤーから村を攻撃されない。ただし自分から他のプレイヤーの村を攻撃すると、その時点でシールドは無効になる。他プレイヤーからの攻撃に敗北すると自動的に半日ほどのシールドが有効化される。シールドはエメラルドで購入することもでき、1日、2日、1週間の3種類の有効期間ものがある。

リーグ[編集]

トロフィーの数によってプレイヤーはリーグに区分けされる。トロフィーはマルチプレイや防衛戦で勝利すると得られ、敗北すると逆にトロフィーを失う。以下の6段階のリーグがあり、マスター以下のリーグはさらにI、II、IIIの3段階に分かれている。

  • チャンピオン
  • マスター(I、II、III)
  • クリスタル(I、II、III)
  • ゴールド(I、II、III)
  • シルバー(I、II、III)
  • ブロンズ(I、II、III)

タウンホール[編集]

タウンホールは村の中心となる施設で、タウンホールのレベルが上がるにつれて建設できる設備の種類やレベル上限が上がっていく。

クラン[編集]

クランの城は崩壊した状態でゲーム開始するが、タウンホールがレベル3以上になるとクランの城を修理することができる。クランの城の修理が完了すると、クランと呼ばれる最大で50人のプレイヤーからなるチームに所属できるようになる。クランは既にあるものを探して加入することもできるし、自分で新たにクランを立ち上げることもできる。

クランに加入すると他のクランメンバーから援軍を受け入れたり、逆に援軍を送ったりすることができる。受け入れた援軍は通常のユニットと同様に攻撃に使用することもできるし、また防衛時にはクランの城から出てきて敵のユニットを攻撃してくれる。

他にも、クランに加入するとクランメンバー専用のチャットチャンネルが利用できるようになる。

クラン対戦[編集]

クラン対戦は2日間にわたって行うクラン対クランの多人数戦。開戦を申し込むと自動で同程度の強さのクランがマッチされ、1日間の準備日に続けて、1日間の戦闘日でお互いのクランが獲得した星の総数を競う。準備日にはクラン対戦専用の村の配置と援軍の準備を行う。戦闘日には各メンバーは2回の攻撃ができ、相手クランの村のうちから自分にあった村を選んで攻撃する。通常の攻撃と同様に0〜3つの星が与えられ、最終的に獲得した星の総数が多い方のクランは戦利品として資源が授与される。2014年4月9日に実施されたアップデートで追加された[3]

資源[編集]

ゲーム内で建設やユニットの訓練などほとんどすべての行動には資源が必要となる。資源にはゴールドエリクサーダークエリクサーの3種類がある。生産設備で生産するほか、他プレイヤーやゴブリンの村から略奪することで入手する。エメラルドで購入することも可能である。

ゴールド
金山で生産し、金庫に貯蓄する。主にタウンホールや防衛設備の建設・アップグレードなどに消費する。
エリクサー
エリクサーポンプで生産し、エリクサータンクに貯蓄する。主に軍事関連設備の建設・アップグレードや、ユニットの訓練・レベルアップ、呪文の作成などに消費する。
ダークエリクサー
ダークエリクサーポンプで生産し、ダークエリクサータンクに貯蓄する。タウンホールがレベル7以上から使用でき、主に闇ユニットの訓練やレベルアップに消費する。

ユニット[編集]

ユニットは兵舎でエリクサーを消費して訓練する。訓練が完了したユニットはアーミーキャンプで待機し、攻撃に参加したり援軍として送り出すことができる。ユニットは基本的に使い捨てであり一度攻撃に参加したユニットは消滅するので、次の村を襲撃するにはまた新たに兵舎で訓練して補充しなければならない。ラボで研究することでユニットをパワーアップすることができる。

バーバリアン(Barbarian)
訓練コストが低く、攻撃力とヒットポイントのバランスが取れた最も基本的なユニット。
アーチャー(Archer)
バーバリアンよりもヒットポイントが低いが、遠距離攻撃ができ、また飛行ユニットも攻撃できる。
ゴブリン(Goblin)
動きが素早く、お宝に目がない。資源設備を優先的に攻撃する。ヒットポイントが低い。
ジャイアント(Giant)
巨大な体を持ち、ヒットポイントが高い。敵の攻撃を引きつけながら防衛設備を優先的に攻撃してまわる。
ウォールブレイカー(Wall Breaker)
爆弾を抱えたガイコツ。壁まで駆けていき、自爆して壁を破壊する。
エアバルーン(Balloon)
気球に乗ったガイコツが地上に向けて爆弾を放り投げつつ進撃する。防衛設備を優先的に攻撃する飛行ユニット。
ウィザード(Wizard)
アーチャーのように遠距離攻撃と飛行ユニットへの攻撃ができるが、アーチャーと比べて攻撃力が高く、範囲攻撃もできる。
ヒーラー(Healer)
見方を回復できる唯一のユニット。飛行ユニット。
ドラゴン(Dragon)
口から火をふく、範囲攻撃の飛行ユニット。
P.E.K.K.A
全身にヨロイをまとい、おおぶりの刀を手に持つ謎につつまれたユニット。

闇ユニット[編集]

闇ユニットは闇の兵舎でダークエリクサーを消費して訓練する。通常のユニットと同様に攻撃に参加したり援軍として送ることが可能。

ガーゴイル(Minion)
飛行ユニットのなかでヒットポイントも攻撃力も最も低いが、低コストで訓練できる。
ホグライダー(Hog Rider)
ハネブタにのって壁を飛び越えて防衛設備を優先的に攻撃してまわる。地上ユニットとしては唯一壁を無視して動ける。
バルキリー(Valkyrie)
斧を振り回して範囲攻撃をする高攻撃力のユニット。
ゴーレム(Golem)
ヒットポイントが高くてなかなか倒されないうえ、破壊されるとさらに2体の小型ゴーレムGolemite)に分裂する。
ネクロマンサー(Witch)
次々とスケルトンSkelton)を召喚して戦わせる。
ラヴァハウンド(Lava Hound)
溶岩でできたような体を持つ飛行ユニット。対空砲を優先的に攻撃し、倒されると小型で弱いラヴァパピィLava Pup)を大量に周囲に放つ。

ヒーロー[編集]

ヒーローは通常のユニットと違って量産はできず、また使い捨てではなくヒットポイントが0になっても祭壇で寝ることで回復できる。普段は祭壇の周りをウロウロしていて、防衛戦では祭壇の範囲に入ってきたユニットを攻撃する。ヒーローは基本的なステータスが高くなっているうえに、レベル5以上になると強力な特殊能力を使えるようになる。

バーバリアンキング(Barbarian King)
特殊能力のアイアンフィストは、自身の体力を回復し、自身とその周囲のユニットの攻撃力と速度を上昇させ、さらにバーバリアンの集団を召喚する。
アーチャークイーン(Archer Queen)
特殊能力のロイヤルクロークは、自身の体力を回復し、姿を透明化して敵の攻撃から身を隠すとともに猛烈な連射攻撃を行い、さらにアーチャーの集団を召喚する。

呪文[編集]

呪文は攻撃時に使用できる様々な効果を持ったサポート魔法である。呪文工場でエリクサーを消費して作成する。呪文の作成にかかるコストは高くストックしておける量も限られるが、その効果は大きく、使用すれば戦局を有利に展開できる。ユニットと同様にラボで研究することで効果をアップさせることができる。

ライトニングの呪文
範囲内の設備やユニットに雷撃でダメージを与える。
ヒーリングの呪文
範囲内の味方ユニットのヒットポイントを一定量回復する。
レイジの呪文
一定時間、範囲内の味方ユニットの速度と攻撃力を上昇させる。
ジャンプの呪文
範囲内の地上ユニットは一定時間壁をジャンプして進むことができるようになる。
フリーズの呪文
範囲内の防衛設備を凍らせ一定時間動きを止める。

防衛設備[編集]

ヒットポイントが高く、敵ユニットの足止めや誘導に使える。レベルが上がるとともにヒットポイントが上昇し、破壊されにくくなっていく。飛行ユニットとホグライダーは壁を無視して侵攻する。
大砲
地上ユニットに対して攻撃する最も基本的な防衛設備。
アーチャータワー
大砲よりも射程が長く、飛行ユニットも攻撃できる防衛設備。
迫撃砲
射程がかなり長いが、逆に近すぎる敵には攻撃できない。着弾地点の周囲の敵にまとめてダメージを与える。
対空砲
飛行ユニットに対しては絶大な攻撃力をほこるが、地上ユニットに大してはまったく攻撃できない。
ウィザードの塔
射程が短いが、高威力の範囲攻撃で地上・飛行ユニットともに攻撃できる防衛設備。
巨大クロスボウ
エリクサーを補充して利用する。射程を長くして地上ユニットだけを狙うか、射程を短くして飛行ユニットも狙うかを選択できる。
インフェルノタワー
ダークエリクサーを補充して利用する。強力な炎で1体のユニットを集中的に狙うか、複数のユニットを狙うかを選択できる。インフェルノタワーに攻撃されたユニットは回復できなくなる。

トラップ[編集]

トラップは通常の防衛設備と違って発動するまで攻撃側からは見えない。そのため、防衛側では攻撃者がどういった動きで攻めてくるかを予想してトラップを仕掛け、攻撃側は何もないように見える場所にもトラップがある可能性を考慮して攻めこむという駆け引きが生まれる。ほとんどの設備は3x3マスの大きさだが、トラップは小さく1x1マスのものと2x2マスのものがある。一度発動したトラップは使えなくなるが、ゴールドを消費して再利用することができる。

爆弾
小さな爆弾で、ユニットが仕掛けたマス上を通ると発動しダメージを与える。
巨大爆弾
大きな爆弾で、発動すると範囲内にいるユニットに大ダメージを与える。
対空爆弾
近くを通った飛行ユニットに反応して爆発しダメージを与える。
ホーミング対空地雷
近くを通った飛行ユニットに反応して爆発し大ダメージを与える。
ばねトラップ
上を通ったユニットをバネの力で場外へはじき飛ばして無力化する。P.E.K.K.Aなど一部のユニットとヒーローユニットが上を通ると重すぎて発動に失敗する。
隠しテスラ
強力な電気で近くのユニットを攻撃する。特にP.E.K.K.Aには大ダメージを与える。

脚注[編集]

  1. ^ a b The Battle Begins! Supercell Releases Clash of Clans App for iPad, iPhone and iPod touch (PDF)” (英語). Supercell (2012年8月2日). 2014年9月17日閲覧。
  2. ^ a b c iOSで人気のゲームアプリ『Clash of Clans』のAndroid版がリリース!”. モバイルアスキー (2013年10月8日). 2014年9月17日閲覧。
  3. ^ a b 『クラッシュ・オブ・クラン』に待望の新機能”クラン対戦”が追加実装”. ファミ通App (2014年4月11日). 2014年9月17日閲覧。
  4. ^ 世界135カ国以上でNo.1の戦略ゲーム『クラッシュ・オブ・クラン』日本攻撃開始!”. おたくま経済新聞 (2014年6月3日). 2014-0917閲覧。
  5. ^ a b c d 【特別インタビュー】『クラッシュ・オブ・クラン』が全世界で熱狂的にプレイされる秘密に迫る!”. ファミ通App (2013年8月5日). 2014年9月17日閲覧。
  6. ^ a b Supercellはゲーマーが愛すべきメーカーだった”. ファミ通App (2013年10月2日). 2014年9月17日閲覧。
  7. ^ 『パズドラ』のつぎのコラボは全米の大ヒットゲーム『Clash of Clans』!!”. ファミ通App (2013年6月7日). 2014年9月17日閲覧。
  8. ^ ソフトバンクグループの欧州企業、人気ゲームを渋谷でPR”. アスキー (2014年4月23日). 2014年9月17日閲覧。
  9. ^ SuperCell CEOのイルッカ・パーナネン氏インタビュー 『Clash of Clans』の日本展開と『パズドラ』とのコラボを語る”. Social Game Info (2013年8月13日). 2014年9月17日閲覧。
  10. ^ パズドラーも注目? 全米の大ヒット作『Clash of Clans』が日本語に対応”. ファミ通App (2013年6月18日). 2014年9月17日閲覧。

外部リンク[編集]