クサスギカズラ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クサスギカズラ科
Asparagus officinalis
アスパラガス Asparagus officinalis
トーメ(著)『ドイツ、オーストリア、スイスの植物』の図版
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
: クサスギカズラ目 Asparagales
: クサスギカズラ科 Asparagaceae
学名
Asparagaceae Juss. (1789)
亜科

クサスギカズラ科(クサスギカズラか、学名Asparagaceae)は、APG植物分類体系における単子葉植物名である。クサスギカズラ目に属する。アスパラガス科キジカクシ科[1]ともいう。かつてはユリ科に含められていた。

代表的なとしてアスパラガス日本に自生するものではクサスギカズラキジカクシなどがある。クサスギカズラ属(キジカクシ属またはアスパラガス属とも) Asparagus のみ(ただし3属に分けることもある)、300種ほどからなり、主に旧世界に広く分布する。

形態・生態[編集]

地下茎で繁殖する多年草は退化して小さい鱗片状になり(アスパラガスの食用部に多数ついている)、生長するとはよく分岐して細長い葉のようにみえる。茎がつる状に伸びて他物に巻き付くものもある。

分類[編集]

以下の各科も近縁で、APG植物分類体系 (APGII) ではこれらをクサスギカズラ科に含めてもよいとしている。さらに第3版(APG III)ではすべてクサスギカズラ科としてまとめている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003年). “APGII(2003)による被子植物の科の配列”. BG Plant分類体系表示. 2013年5月2日閲覧。

参考文献[編集]

  • 平野隆久写真 「キジカクシ科」『野に咲く花 : 写真検索』 林弥栄監修、門田裕一改訂版監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2013年、増補改訂新版、77-85頁。ISBN 978-4-635-07019-5
  • 永田芳男写真 「キジカクシ科」『山に咲く花 : 写真検索』 畔上能力編・解説、門田裕一改訂版監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2013年、増補改訂新版、143-151頁。ISBN 978-4-635-07021-8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]