クイカテコ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クイカテコ族
Cuicatec
総人口

9,000(1979年)

居住地域
メキシコ南部
言語
ミシュテカ語
宗教
不明

クイカテコ族(クイカテコぞく、Cuicatec)は、メキシコに住む少数民族。

居住地[編集]

メキシコ南部高地、ガサントドミンゴ川一帯に住んでいる。

生活[編集]

農業を生業とし、主食であるトウモロコシ、豆類、カボチャのほか、トウガラシコーヒーカカオを栽培している。

七面鳥ニワトリブタウシを飼う。

昔ながらの食生活を変えようとせず、現在でもバッタ、焼いたアリタバコの灰などを食べる。

かつて織物づくりが盛んだったが、今では廃れている。

宗教[編集]

唯一の超自然的存在「セニョール・デル・セロ(丘の主)」を中心とする地方独特の宗教・迷信を伝えている。

参考文献[編集]

  • 『世界の民族 4』《メキシコ・中央アメリカ》平凡社、1979年。