ギス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギス
Pterothrissus gissu1.jpg
ギス Pterothrissus gissu
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : カライワシ上目 Elopomorpha
: ソトイワシ目 Albuliformes
: ソトイワシ科 Albulidae
亜科 : ギス亜科 Pterothrissinae
: ギス属 Pterothrissus
: ギス P. gissu
学名
Pterothrissus gissu Hilgendorf, 1877
英名
Japanese gissu

ギス(義須、学名Pterothrissus gissu)はソトイワシ目ソトイワシ科に属する魚類の一種。

概要[編集]

日本から中国・ロシアの近海にかけて分布し[1]、水深200~1,000mの深海に生息する[2]。全長50cm程度にまで成長する[1]スズキ目キスに似ているが全く別の魚である。

背鰭と臀鰭はそれぞれ56-65本、12本の軟条で構成される[1]。同じカライワシ上目に所属するウナギアナゴなどと同様に、卵から孵化後は透明な体をもつ特徴的な仔魚レプトケファルスを経て成長する。

身は蒲鉾の原料に用いられる。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c Pterothrissus gissu”. FishBase. 2010年11月14日閲覧。
  2. ^ 『日本の海水魚』 p.67

参考文献[編集]

外部リンク[編集]