キングヘビ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キングヘビ属
Lampropeltis getula getula.jpg
コモンキングヘビ Lampropeltis getula
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Squamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: ナミヘビ科 Colubridae
: キングヘビ属 Lampropeltis
Fitzinger, 1843

キングヘビ属(-ぞく、Lampropeltis)は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目ナミヘビ科に属する属。

分布[編集]

北アメリカ大陸南アメリカ大陸

形態[編集]

全長は50-200cm。中でも20以上の亜種を持つミルクヘビは属内最小のスカーレットキングヘビと属内でも最大級のサイズを誇るクロミルクヘビを含む。 属名Lampropeltisは「輝く鱗」の意。

赤、白(黄)、黒のトリコロールの体色を持つミルクヘビはコブラ科のサンゴヘビ属擬態した形態を持つことで有名である。他種にも同様のトリコロールの体色を持つ種もいる。

生態[編集]

草原森林、農耕地に生息する。

食性は動物食で、魚類両生類、小型爬虫類、小型の鳥類、小型哺乳類等を食べる。獲物に巻きつき締め殺した後に丸呑みにする。中には毒蛇のガラガラヘビさえも食べてしまう種もいる。

繁殖形態は卵生。

分類[編集]

ミルクヘビは分布が広いこともあってか20以上もの亜種に分かれる。

人間との関係[編集]

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されている。多くの種ないし亜種が飼育下で繁殖されている。

関連項目[編集]