キュリー研究所 (パリ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キュリー研究所(きゅりーけんきゅうじょ、L'Institut Curie)は、1921年に創設された財団とその運営する研究所の名称。前身はラジウム研究所パリ第6大学(ピエール&マリー・キュリー大学)や、かつてイギリスにあったマリー・キュリー研究所などとは異なる組織である。現在に至るまで少数精鋭を貫き、所属人数に対するノーベル賞受賞者は他の研究機関に比べて群を抜いて多い。

歴史[編集]

1921年マリー・キュリークラウディアス・リガード(fr)により設立された(前身はラジウム研究所(fr))。当初はマリー・キュリーの意思により、ガン治療の研究を使命としていた。

1995年、細胞生物学分子生物学生物物理学腫瘍学などの基礎研究を行う研究部門(Le Centre de Recherche)が設立された。

1996年ジャック・プロピエール=ジル・ド・ジェンヌにより物理化学部門 (Physico-Chimie Curie)が設立される。

病院経営[編集]

キュリー研究所はガンを専門とするクラウディアス・リガード病院を経営する。

ノーベル賞受賞者[編集]

当研究所関係者によるノーベル賞受賞歴。

著名な在籍者[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

http://curie.fr/