キャロライン・ブリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャロライン・ブリス
Caroline Bliss
生年月日 1961年
出生地 イギリスの旗 イギリス
ジャンル 女優
配偶者 独身
主な作品
007 リビング・デイライツ
007 消されたライセンス
備考
2代目マネーペニー役

キャロライン・ブリスCaroline Bliss1961年 - )は、イギリスの女優。作曲家アーサー・ブリスの曾孫である。2代目マネーペニー役として知られる。身長168cm。

1982年、アメリカ合衆国製作のテレビドラマ "Charles & Diana: A Royal Love Story" で、レディ・ダイアナ・スペンサー(後のダイアナ妃)を演ずる。[1]ティモシー・ダルトンが4代目ジェームズ・ボンドを演じた『007 リビング・デイライツ』では、ロイス・マクスウェルの後を継ぎ、ボンドの上司 M(ロバート・ブラウン) の秘書でありボンドに想いを寄せる友人、マネーペニー役となる。歴代で最も若い年齢でマネーペニーを演じた(26歳)。先代のマネーペニーは初代ボンドのショーン・コネリーの年齢に合わせて30代半ばから40代の中年の設定だったが、ボンドが若返るということでマネーペニーもそれに合わせて若い設定になり、彼女に白羽の矢が立った。オーディションでは50~60人の候補がいたという。出番は少ないながらも、両作品とも劇中でストーリーに絡む役を好演。結果的にダルトン同様、2作品のみで降板したものの007シリーズファンからの支持は高く、続投を望む声が多かった。[2]イギリスのテレビシリーズ "The Paradise Club"には、セミレギュラー出演した。その後もイギリスで活躍している。

主な出演作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 後に『リビング・デイライツ』のロイヤルプレミアでダイアナ妃と会っているが、ダイアナ妃はキャロラインが自分を演じたことを知らなかったという。
  2. ^ 007 大百科

外部リンク[編集]

先代:
ロイス・マクスウェル
マニーペニー
2代目
次代:
サマンサ・ボンド