キノボリ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キノボリ科
チャイロキノボリ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
上科 : ニワシドリ上科 Ptilonorhynchoidea
: キノボリ科 Climacteridae
学名
Climacteridae (de Sélys Longchamps, 1839)
和名
キノボリ(木登)
英名
Australasian Treecreeper

キノボリ科 (キノボリか、学名 Climacteridae) は、鳥類スズメ目の科である。キノボリ(木登)と呼ばれる。

特徴[編集]

オセアニア区オーストラリアと、1種のみがニューギニアに生息する。

全長13–17cm。足に鋭い爪があり、それを引っ掛けて木の幹や枝の上を走ることができる。キバシリにも同様の習性があるが、キバシリと異なり、尾が短く支えに使うことはできない。

系統と分類[編集]

ニワシドリ科姉妹群で、合わせてニワシドリ上科を形成する[1]Sibley分類ではコトドリ上科に含められていたが、系統的には分離される。ニワシドリ上科は、スズメ亜目の中でコトドリ上科の次に分岐した系統である。

スズメ亜目
コトドリ上科

コトドリ科 Menuridae



クサムラドリ科 Atrichornithidae



Passeres
ニワシドリ上科

ニワシドリ科 Ptilonorhynchidae



キノボリ科 Climacteridae




その他のスズメ亜目




下位分類[編集]

国際鳥類学会議 (IOC) によると2属7種からなる[2]

出典[編集]

  1. ^ O’Leary, Maureen A.; Allard, Marc; et al. (2004), “Phylogenic relationships among modern birds (Neornithes): toward an Avean tree of life”, in Cracraft, Joel; Donoghue, Michael J., Assembling the tree of life, Oxford University Press 
  2. ^ Gill, Frank; Donsker, David, eds. (2010), “Lyrebirds to whipbirds”, IOC World Bird Names (version 2.5), http://www.worldbirdnames.org/n-lyrebirds.html