キタクビワコウモリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キタクビワコウモリ
Eptesicus nilssoni.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: コウモリ目 Chiroptera
: ヒナコウモリ科 Vespertilionidae
: クビワコウモリ属 Eptesicus
: キタクビワコウモリ E. nilssonii
学名
Eptesicus nilssonii
和名
キタクビワコウモリ
ヒメホリカワコウモリ
英名
Northern Bat

キタクビワコウモリ (Eptesicus nilssonii) はコウモリの一種である。ヒメホリカワコウモリとも呼ばれる。成長したキタクビワコウモリは体長4.9-6.6 cm, 尾の部分 3.2-5.1 cm、羽の長さが 4.1-5.1 cmである。この種はヨーロッパ全域、アジア全域、イギリスから北海道まで、南は北インドまで分布している。

冬眠する

2002年(平成14年)3月に『改訂・日本の絶滅のおそれのある野生生物 -レッドデータブック- 1 哺乳類』が作成された際には絶滅危惧IB類(EN)であったが、2007年(平成19年)8月3日に最新のレッドリスト(2007年版)ではリストより削除された[1]

参考文献[編集]


外部リンク[編集]