ガビチョウ亜科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガビチョウ亜科
ガビチョウ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
小目 : スズメ小目 Passerida
上科 : ウグイス上科 Sylvioidea
: チメドリ科 Timaliidae sensu lato
亜科 : ガビチョウ亜科 Leiothrichinae
シノニム

Garrulacinae
Leiothrichidae
Garrulacidae

英名
Laughingthrushes

ガビチョウ亜科(ガビチョウあか、Leiothrichinae)は、鳥類スズメ目チメドリ科の亜科である。ガビチョウ科 Leiothrichidae とも。

系統と分類[編集]

系統樹Gelang et al. (2006)[1]; Dong et al. (2010)[2]より。

チメドリ科
s. Gelang et al.
チメドリ科

アカガシラチメドリ亜科 Timaliinae




チメドリ亜科 Pellorneinae


ガビチョウ亜科





タンビモリチメドリ Phyllanthus



ハシジロチメドリ属 Kupeornis




ヤブチメドリ属 Turdoides




ガビチョウ属 Garrulax の一部





ヒゲチメドリ属 Babax



ガビチョウ属 Garrulax の一部






Trochalopteron



セアカチメドリ属 Cutia




ルリハコバシチメドリ Siva



アカオコバシチメドリ Minla



ヤブドリ属 Liocichla




ノドジマコバシチメドリ Chrysominla



Actinodura




シマドリ属 Ixops



ソウシチョウ属 Leiothrix



? ワキフチメドリ属 Crocias



ウタイチメドリ属 Heterophasia








メジロ科 Zosteropidae



ガビチョウ亜科はチメドリ科の1亜科である。ただし国際鳥類学会議 (IOC) はこれらの亜科を科とし、ガビチョウ類をガビチョウ科 Leiothrichidae とする。

ガビチョウ類は伝統的にはチメドリ類に含められてきた。

Sibley & Ahlquist (1990) はチメドリ類とダルマエナガ類を合わせてウグイス科ダルマエナガ亜科ダルマエナガ族としたが、チメドリ類の一部をガビチョウ亜科 Garrulacinae に分離した。これは現在の分類ではガビチョウ属 GarrulaxTrochalopteron 属・ヤブドリ属 Liocichla の3属に当たる。ただしこれらは、現在のガビチョウ亜科の中では特に近縁な関係にない。

Gelang et al. (2006) により旧チメドリ科の系統が整理され、チメドリ科の3亜科(ただし彼らはウグイス亜科をチメドリ科に含めたので4亜科となる)の1つとしてガビチョウ亜科 Leiothrichinae が復活した。亜科名は直訳すればソウシチョウ亜科で、Garrulacinaeシノニムとなる。

かつてこの亜科のほぼ半分の種がガビチョウ属 Garrulax に分類されていたが、単系統ではなく、一部が Trochalopteron 属に分離された。しかし残りの狭義のガビチョウ属もまだ単系統ではなく、さらに分割する説がある。

属と種[編集]

国際鳥類学会議 (IOC)[3]より。和名は厚生労働省[4]などより。

ただし科を亜科とした。また、シマドリ属 Actinodura からシマドリ属 Ixops を、コバシチメドリ属 Minla からルリハコバシチメドリSivaノドジマコバシチメドリChrysominla を分離した[2]

16属(IOCでは13属)133種。

出典[編集]