カール・ノイベルグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カール・ノイベルグ(Carl Neuberg, 1877年7月29日 - 1956年5月30日)は、ドイツハノーファー出身の後年はアメリカで活躍した生化学者。しばしば、生化学の父」と呼ばれる。

アルコール発酵解糖作用、糖アミノ酸の生化学、酵素化学について研究した。アルコール発酵におけるカルボキシラーゼの発見、それに基づくノイベルグの発酵形式の発見、グリセリン発酵の模式などの多くの優れた研究を残した。フルクトース-6-リン酸ノイベルクエスイテルともよばれている。

経歴[編集]

  • 1900年 – ベルリン大学で Ph.D. を修得
  • 1903年 – ベルリン大学講師
  • 1916年 – 同 員外教授
  • 1921年 – 同 教授
  • 1938年 – 同 名誉教授

その後、ユダヤ系だったためナチス政府に追われ、アメリカに渡り、

その間、カイザー・ウィルヘルム研究所の実験医療および生化学の部長を兼任した。

外部リンク[編集]