カール・アルブレヒト・フォン・ブランデンブルク=シュヴェート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・アルブレヒトの肖像、アンナ・ロジーナ・リシェフスカ画、1737年

カール・フリードリヒ・アルブレヒト・フォン・ブランデンブルク=シュヴェートKarl Friedrich Albrecht Prinz von Preußen, Markgraf zu Brandenburg-Schwedt, 1705年6月10日 ベルリン - 1762年6月22日 ブレスラウ)は、ドイツブランデンブルク=プロイセンの王族(王子)、軍人。ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯。フリードリヒ・ヴィルヘルム大選帝侯の孫で、聖ヨハネ騎士団ブランデンブルク大管区長(在任1731年 - 1762年)を務めた。

ブランデンブルク=シュヴェート辺境伯家のアルブレヒト・フリードリヒと、その妻でクールラントフリードリヒ・カジミールの娘マリー・ドロテア(1684年 - 1743年)の間の第2子、次男として生まれた。プロイセン軍に入隊し、第1次シュレージエンではグローガウ公爵領の占領、モルヴィッツの戦いコトゥジッツの戦いなどで戦功を立てた。1745年初頭に上シレジア侵攻を指揮した際は、プロイセン王フリードリヒ2世から感状を与えられた。

7年戦争ではフリードリヒ2世王の絶対的な信頼をかさに自分勝手な指揮を繰り返したが、ホッホキルヒの戦いトルガウの戦いでは負傷したもの、目立った働きを見せた。高潔で博愛主義の人物で、文芸や学識を好んだ人物とされている。1744年にヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルム8世の娘マリー・アマーリエ(1721年 - 1744年)と婚約したが、その直後に婚約者と死別し、生涯独身を通した。

カール・アルブレヒトにはドロテア・レギーナ・ヴター(Dorothea Regina Wuther)という長年連れ添った愛人との間に一人娘のカロリーネ(Karoline Regina von Carlowitz, 1731年 - 1755年)がおり、母娘は1744年に貴族に列せられてフォン・カルロヴィッツ(von Carlowitz)姓を名乗った。カールは娘を自分の副官アルブレヒト・フォン・シェーンブルク=ヒンターグラウハウ伯爵(Albrecht Graf von Schönburg-Hinterglauchau, 1720年 - 1799年)に嫁がせている。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

先代:
アルブレヒト・フリードリヒ
聖ヨハネ騎士団
ブランデンブルク大管区長

1731年 - 1762年
次代:
フェルディナント