カンニンガムモクマオウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Casuarina equisetifolia
Casuarina equesitifolia tree.jpg
C. equisetifolia subsp. incana
分類クロンキスト体系
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : マンサク亜綱 Hamamelidae
: モクマオウ目 Casuarinales
: モクマオウ科 Casuarinaceae
: モクマオウ属 Casuarina
: C. cunninghamiana
学名
C. cunninghamiana (Miq.)
和名
カンニンガムモクマオウ

カンニンガムモクマオウ学名: Casuarina cunninghamiana)は、モクマオウ属英語版 (Casuarina) 植物の一種である。自然生育地は、オーストラリアノーザンテリトリーダリー・リバー英語版クイーンズランド州北部および東部、ニューサウスウェールズ州東部に広がっている.[1][2]

解説[編集]

C. cunninghamiana subsp. cunninghamianaの雄花

カンニンガムモクマオウは、わずかに灰色がかった緑色の針様群葉を持つ魅力的な常緑樹であり、高さ10–35m (33–115ft)、広がりはおよそ10メートル (33 ft) に成長する[1][3]。幹は大抵直立しており、みっしりと毛深い樹皮を有している。花は、雄花が赤茶、雌花は赤色である[1]。球果は小さく、幅およそ10ミリメートル (0.39 in)でほぼ細長く丸い。

木は、大抵川岸や沼沢地に沿った日当たりのよい場所で見られる[1]。カンニンガムモクマオウは川岸を安定化し、土壌流出を防止するための重要な木として広く認識されている[2]。カンニンガムモクマオウはおよそ−8 °C (18 °F)まで耐霜性があり、遮蔽植栽として広く有効に使用されている。風が強い地域でも有用であり、沿岸地域にも適している。カンニンガムモクマオウは、アグロフォレストリーの目的で他のいくつかの国に導入されてきた[3]

カンニンガムモクマオウには2つの亜種が存在する。

C. cunninghamiana subsp. cunninghamiana
高さ35 m (115 ft) の大きな木。ニューサウスウェールズ東部、クイーンズランド北部および東部[1][3]
C. cunninghamiana subsp. miodon
高さ12 m (39 ft) の小さな木。ノーザンテリトリーのダリー・リバーおよびアーネムランド、クイーンズランドのカーペンタリア湾[1][3]

この種は英語で、River Oak、River She-oak、Creek Oakを含む多くの俗称を持つ[2]

侵入種[編集]

Casuarina cunninghamianaアメリカ合衆国フロリダ州エバーグレーズ侵入種英語版である[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f Boxshall, Ben. “River she-oak”. Department of Primary Industries. Victorian Government. 2011年4月23日閲覧。
  2. ^ a b c Boland, D. J.; Brooker, M. I. H.; Chippendale, G. M.; McDonald, M. W. (2006). Forest trees of Australia (5th ed. ed.). Collingwood, Vic.: CSIRO Publishing. p. 80. ISBN 0643069690. http://books.google.com.au/books?id=q2v3kb9tFsYC&lpg=PP1&dq=ISBN%200643069690&pg=PA80#v=onepage&q&f=false. 
  3. ^ a b c d Casuarina cunninghamiana”. Florabank. 2011年4月23日閲覧。
  4. ^ Biological control of Australian native Casuarina species in the USA”. Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation (2007年5月16日). 2010年9月16日閲覧。

参考文献[編集]

  • “Australian Native Plants” by John W. Wrigley and Murray Fagg, 4th edition, Reed, 1997

関連項目[編集]

外部リンク[編集]