カルロス・ラウール・ビリャヌエバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カルロス・ラウル・ビリャヌエバCarlos Raúl Villanueva, 1900年5月30日 - 1975年8月16日)は、20世紀の最も有名なベネズエラ建築家

彼はカラカスマラカイボ及びベネズエラの様々な都市の開発・近代化において主要な役割を果したことで知られる。彼の最も重要な業績の一つは w:El Silencio の再開発であり、7,797軒のアパート、207軒の店舗、及びベネズエラ中央大学のメインキャンパスである w:Ciudad Universitaria の開発を手がけた。この開発プロジェクトは、現代都市計画、建築及び芸術の各分野において傑作との評価を受けている。特にベネズエラ中央大学のキャンパスは、2000年、ユネスコにより世界遺産として登録された。