カルボニルシアニド-m-クロロフェニルヒドラゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルボニルシアニド-m-クロロフェニルヒドラゾン
識別情報
CAS登録番号 555-60-2
PubChem 2603
MeSH CCCP
特性
化学式 C9H5ClN4
モル質量 204.616 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

カルボニルシアニド-m-クロロフェニルヒドラゾン(Carbonyl cyanide m-chlorophenyl hydrazone、CCCP)は、酸化的リン酸化の抑制剤である。この化合物はニトリルヒドラゾンの部分を持つ[1][2][3]

脚注[編集]

  1. ^ J.W.Park; S.Y.Lee, J.Y.Yang, H.W.Rho, B.H.Park, S.N.Lim, J.S.Kim, H.R.Kim (1997). Effect of carbonyl cyanide m-chlorophenylhydrazone (CCCP) on the dimerization of lipoprotein lipase.. 1344(2). pp. 132-8. http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9030190. 
  2. ^ D.Gáková; B.Brodskáb, A.Holoubeka, K.Siglerb (1999). “Factors and processes involved in membrane potential build-up in yeast: diS-C3(3) assay”. en:The International Journal of Biochemistry & Cell Biology 31: 575-584. doi:10.1016/S1357-2725(99)00002-3. 
  3. ^ Y.M.Konstantinov; I.V.Subota, A.S.Arziev. “Protein synthesis in mitochondria under different redox conditions”. Preprint of the Irkutsk en:Institute of Plant Physiology and Biochemistry. 

関連項目[編集]