カリーム・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリーム・ハーン
وكيل الرّعايا
ワキーレ・ラウアーヤー
Karim Khan by Charles Heath.jpg
カリーム・ハーン(18世紀、イラン国立博物館蔵)
在位 1750年1779年5月1日[1]
出生 1705年
ピールーズ
死去 1779年
シーラーズ、ザンド宮殿
埋葬 シーラーズシーラーズ・パールス博物館
北緯29度36分57.63秒 東経52度32分42秒 / 北緯29.6160083度 東経52.54500度 / 29.6160083; 52.54500座標: 北緯29度36分57.63秒 東経52度32分42秒 / 北緯29.6160083度 東経52.54500度 / 29.6160083; 52.54500
王朝 ザンド朝
父親 アイナク・ハーン
宗教 イスラム教シーア派[2]
テンプレートを表示

カリーム・ハーン・ザンド (ペルシア語: کریم خان زند‎、ラテン文字:Karim Khan Zand、1705年頃 – 1779年) は、ザンド朝の創始者である。長年にわたる戦争で崩壊寸前であったペルシアを再統一し、統治期間中に臣民や国の復興に力を注いだことから「大王」と称される。今日においてはイランの歴史上有数の統治者と評価されており、物語や様々な逸話において思いやりのある統治者であったと描かれることが多い。

生涯[編集]

イランの郵便切手に描かれているカリーム・ハーン

マラーイェル英語版付近のピールーズという村でラク族英語版の一派ザンド族英語版の一員として生まれた[3][4][5][6][7]アブドゥル・ラフマーン・ガーセムルー英語版のようなクルド人の愛国主義者英語版[8][9]はカリーム・ハーンをクルド人の英雄であると考えており[10]、現代ではWadie Jwaidehのように彼の「クルド人としての側面」に注目する学者もいる[11][12][13][14]

カリーム・ハーンの胸像(シーラーズ

カリーム・ハーン・ザンドはナーディル・シャーの将軍の一人だった。ナーディル・シャーが1747年に没すると、ペルシアは内戦状態に入った。当時、カリーム・ハーン、アブル・ファトフ・ハーン、アリー・ムラード・ハーンは国を3分割することで合意し、イスマーイール3世英語版を名目上の王として擁立した。しかし、アリー・ムラード・ハーンがエスファハーンに侵入してアブル・ファトフ・ハーンを討ち取ったことで同盟は解消された。その後、カリーム・ハーンはアリー・ムラード・ハーンを討ち取り、ナーディル・シャーの孫シャー・ルフの統治権を認めた[15]大ホラーサーン英語版を除くイラン全土を支配下に置いた。その偉大な功績から、「大王」と称された。しかし、彼はシャーや王といった称号を名乗ることはなく、代わりにワキーレ・ラウアーヤー (Wakil e-Ra'aayaa、人民の代表)と名乗った。

カリームが統治者であった期間、ペルシアは40年間の戦争による荒廃から復興を遂げた。カリームは戦争で荒廃した国に平和と安全をもたらし、租税軽減や貿易振興など国内産業の整備などを行い国の繁栄をもたらした[16]。 カリームが統治している期間におけるイギリスとの関係は修復に向かい、イギリス東インド会社に対しイラン南部における交易所の開設を認めた。カリームはシーラーズを首都と定め、シーラーズに様々な建築物の建築を命じた。しかし、カリーム・ハーンの死後は再度内戦が勃発し、彼の子孫は彼が成したような安定した統治を行うことはできなかった。ザンド朝最後の君主ルトフ・アリー・ハーンアーガー・モハンマド・シャーによって殺されザンド朝は滅亡、ガージャール朝が国を治めることとなった。シーラーズ・パールス博物館英語版の敷地内に埋葬されている。

脚注[編集]

  1. ^ Yeroushalmi, David (2009). The Jews of Iran in the nineteenth century. Brill's Series in Jewish Studies. 40. The Netherlands: Brill. pp. xxxix. ISBN 90-04-15288-1. http://books.google.co.uk/books?id=XYlGS3s3zTQC&printsec=frontcover#v=onepage&q&f=false. 
  2. ^ Dabashi, Hamid (2011). Shi'ism: A Religion of Protest. Harvard University Press. pp. 164–165. ISBN 0-674-04945-4. http://books.google.co.uk/books?id=3l1fBbd-9noC&printsec=frontcover#v=onepage&q&f=false. 
  3. ^ KARIM KHAN ZAND
  4. ^ A fourth pretender was Karim Khan, son of Aymak of the Zand, a section of Lak tribe, Sir Percy Molesworth Sykes, A History of Persi, Macmillan and co., limited, 1930, p. 277.
  5. ^ One of the contenders for power was Karim Khan Zand, a member of the Lak tribe near Shiraz, William Marsden, Stephen Album, Marsden's Numismata orientalia illustrata, Attic Books, 1977, ISBN 978-0-915018-16-1, p. 158.
  6. ^ Karim Khan, the founder of the Zand dynasty of Persia that succeeded the Afsharids, was himself born to a family of these Lak deportees (of the Zand tribe), Mehrdad R. Izady, The Kurds: A Concise Handbook, Taylor & Francis, 1992, ISBN 978-0-8448-1727-9, p. 12.
  7. ^ Muhammad Karim Khan, of the Zand clan of the Lur tribe, suc- ceeded in imposing his authority on parts of the defunct Safavid empire, David Yeroushalmi, The Jews of Iran in The Nineteenth Century: Aspects of History, Community, and Culture, BRILL, 2009, ISBN 978-90-04-15288-5, p. xxxix.
  8. ^ Abdul Rahman Ghassemlou, Kurdistan and the Kurds, Pub. House of the Czechoslovak Academy of Sciences, 1965, p. 37.
  9. ^ While the late Kurdish nationalist Ghassemlou, who spoke of the era of Karim Zand as "a splendid chapter in Kurdish history ", compared Karim Khan to Saladin as a Kurdish ruler of other nations,... , Martin Strohmeier, Crucial Images in the Presentation of a Kurdish National Identity: Heroes and Patriots, Traitors and Foes, Brill, 2003, ISBN 978-90-04-12584-1, p. 46.
  10. ^ ...ethnically non-Kurdish rulers such as Nadir Shah and Karim Khan have been transformed into, and accepted by some as, ethnic Kurds., Abbas Vali, Essays on the Origins of Kurdish Nationalism, Mazda Publishers, 2003, ISBN 978-1-56859-142-1, p. 147.
  11. ^ Kurdish leader, Karim Khan Zand,..., Wadie Jwaideh, The Kurdish National Movement: Its Origins and Development, Syracuse University Press, 2006, ISBN 978-0-8156-3093-7, p. 17.
  12. ^ Lokman I. Meho, Kelly L. Maglaughlin, Kurdish Culture and Society: An Annotated Bibliography, Greenwood Publishing Group, 2001. ISBN 978-0-313-31543-5, p. 308.
  13. ^ ...the bulk of the evidence points to their being one of the northern Lur or Lak tribes, who may originally have been immigrants of Kurdish origin., Peter Avery, William Bayne Fisher, Gavin Hambly, Charles Melville (ed.), The Cambridge History of Iran: From Nadir Shah to the Islamic Republic, Cambridge University Press, 1991, ISBN 978-0-521-20095-0, p. 64.
  14. ^ Jwaideh, Wadie (2006). The Kurdish national movement: its origins and development. http://books.google.no/books?id=FCbspX-dGPYC&pg=PA17&dq=Karim+KhanZand+Kurdish#v=onepage&q=Karim%20Khan%20Kurdish&f=false. 
  15. ^ シャー・ルフ(イラン) - 世界大百科事典内のシャー・ルフ(イラン)の言及 コトバンク、2013年1月17日閲覧。
  16. ^ カリーム・ハーン - 世界大百科事典 第2版の解説 コトバンク、2013年1月17日閲覧。

参考文献[編集]

  • Perry, John R., Karīm Khān Zand: a history of Iran, 1747–1779 University of Chicago Press, 1979, ISBN 978-0-226-66098-1 and One World Publications, 2006 ISBN 978-1-85168-435-9.(英語)
  • Malcolm, John, Sir, The history of Persia, from the most early period to the present time containing an account of the religion, government, usages, and character of the inhabitants of that kingdom in 2 volumes; London : Murray, 1815.; re-published by Adamant Media Corporation 2004 vol 1. ISBN 978-1-4021-5134-7; vol. 2 ISBN 978-1-4021-5205-4.(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

カリーム・ハーン

1750年? - 1779年5月1日

爵位
先代:
シャー・ルフ
ザンド朝君主
1750–1779
次代:
ムハンマド・アリー・ハーン
先代:
アーザード・ハーン・アフガーン
アーザルバーイジャーン統治者
1756–1779
次代:
アブル・ファトフ・ハーン
先代:
モハマド・ハサン・ハーン・ガージャール
マーザンダラーン統治者
1757–1779
次代:
アブル・ファトフ・ハーン