アリー・ムラード・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アリー・ムラト・ハーン(? - 1785年、在位:1782年 - 1785年)は、ザンド朝の第6代君主

生涯[編集]

父はカリム・ハーンの一族であるアッラー・ムラード・カイタス・ハーンである。1782年に先代のサディク・ハーンに対して反乱を起こして殺害し、跡を継いだ。だがこの頃にはイラン北部でカージャール朝アーガー・モハンマド・シャーが勢力を拡大しており(アーガー・モハンマド・シャーはカリム・ハーンに捕らえられていたが、1779年にカリムが死ぬとシーラーズを脱出していた)、アリーは彼と抗争するも敗れて1785年にマーザンダラーンで戦死した。

宗室[編集]

父母[編集]

参考文献[編集]

先代:
サディク・ハーン
ザンド朝
1782年 - 1785年
次代:
ジャファル・ハーン