カディーシャ渓谷と神の杉の森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界遺産 カディーシャ渓谷と
神の杉の森
レバノン
カディーシャ渓谷
カディーシャ渓谷
英名 Ouadi Qadisha (the Holy Valley) and the Forest of the Cedars of God (Horsh Arz el-Rab)
仏名 Ouadi Qadisha ou Vallée sainte et forêt des cèdres de Dieu (Horsh Arz el-Rab)
登録区分 文化遺産
登録基準 (3), (4)
登録年 1998年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
カディーシャ渓谷と神の杉の森の位置
使用方法表示

カディーシャ渓谷と神の杉の森(カディーシャけいこくとかみのすぎのもり)は、レバノン中央部のレバノン山脈にあるカディーシャ渓谷と、そこに群生しているレバノン杉を指す、ユネスコ世界遺産(文化遺産)登録名称である。

なお、登録名にあるcedarsはヒマラヤスギ属(レバノン杉はその1種)を意味し、通常「杉」または「スギ」と日本語へ訳されるが、現地に自生する樹木はスギではなくマツに近縁な種である。

概要[編集]

レバノン山脈最高峰のコルネ・エル・サウダ山(標高3,087m)の山域にあるカディーシャ渓谷は、レバノンで一番の景観とも言われている。カディーシャ渓谷は、レバノン杉が2004年現在も自生している地でもある。

レバノン杉[編集]

神の杉の森

レバノン杉は、紀元前にフェニキア人の繁栄の原点になったことでも有名である。フェニキア人は、当時レバノン山脈全域に自生していたレバノン杉からガレー船を始め、船舶の建造材として使用。また、木材や樹脂をエジプトなどに輸出していた。

レバノン杉は長年の伐採がたたり、2004年現在は1200本程度が残るだけになっている。また樹齢1200年以上のものが、400本ほど残っている。

また、レバノン国の象徴として、国旗中央にレバノン杉が描かれている。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

外部サイト[編集]

Icon of Sekaiisan.svg Icon of Sekaiisan.svg レバノンの世界遺産
World Heritage Sites in the Lebanese Republic

文化遺産
アンジャル | バールベック | ビブロス | ティルス | カディーシャ渓谷と神の杉の森
世界遺産 | アジアの世界遺産 | レバノンの世界遺産 | 五十音順 | [編集]
Commons-logo.svg ウィキメディア・コモンズに、レバノンの世界遺産に関連するマルチメディアがあります。