カオ・サームローイヨート海洋国立公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カオ・サームローイヨート海洋国立公園
อุทยานแห่งชาติเขาสามร้อยยอด (ทางทะเล)
Bang Pu bay.jpg
バーンプー湾
所在地 プラチュワップキーリーカン県
登録日時 1966年6月28日
面積 約98.08km² 内20.88km²が海洋
公式サイト 国立公園局(英語)

カオ・サームローイヨート海洋国立公園タイの海洋国立公園の一つ。タイで最初に登録された海洋国立公園。タイで最大の淡水湿原で、ここでしか見ることのできない生物なども生息している。

概要[編集]

プラヤーナコーン洞窟とクーハーカルハット宮殿

ハート・レームサーラー、ハート・サームプラヤーなどのビーチがあることからレジャー感覚で訪れる観光客も多い。

サームローイヨートはラーマ4世(モンクット)が1868年8月18日に皆既日食の調査のために西洋人の学者を招いて天文調査を行った場所である。しかしながら、サームローイヨートが当時マラリアのよく発生する地帯であったため、ラーマ4世は同行していたチュラーロンコーン親王(後のラーマ5世)とマラリアに感染する。この後ラーマ4世はこれが原因で崩御する。

その後もこの地帯は風光明媚な場所として王室メンバーから愛され、特に「プラヤーナコーン洞窟」にはラーマ5世によってクーハークルハット宮殿という休息所が建てられた。またラーマ6世(ワチラーウット)やラーマ9世(プーミポン)も訪れている。

地理[編集]

バーンプーのボート乗り場

公園内最高峰はカオ・サームローイヨートでありこれはこの公園の名前の由来になっている。このほか、300以上の山頂を持っている。

陸のほとんどは淡水湿地帯であり、これがこの公園の保護の大きな対象となっている。この地域では陸にはスマトラカモシカやシロクマブタザル、海にはカワゴンドウ(イラワジイルカ)などの希少生物が住んでいるほか鳥類でも希少生物が見つかっている。

一方でこの一番古い海洋公園は公園内にビーチを有するため環境破壊が激しいと言われている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]