オレグ・コロリョフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
オレグ・コロリョフ
Олег Петрович Королёв
Oleg Korolev.jpg
オレグ・コロリョフ(2008年12月18日撮影)
生年月日 1953年2月23日(61歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ロシア共和国リペツク州テルブヌイ
出身校 ソ連共産党ロストフ党高級学校
所属政党 ソ連共産党 →)

Flag of Lipetsk Oblast.svg 第3代リペツク州行政長官(知事
任期 1998年8月12日 -
テンプレートを表示

オレグ・ペトロヴィチ・コロリョフロシア語: Олег Петрович Королёв、ラテン文字表記の例:Oleg Petrovich Korolev1952年2月23日 - )は、ソビエト連邦およびロシアソ連共産党官僚(アパラチキ)、政治家、林政官。1998年からリペツク州行政長官(知事に相当)。

リペツク州出身。林業大学通信課程、ロストフ高級党学校を修了。1973年リペツク州ドルコルーコヴォ地区森林管理官となり、その後、ドルゴルーコヴォ地区党委副議長、書記を歴任し、同時にサラトフ大学通信課程を修了。1978年から1984年までコルホーズ(集団農場)「パミャーチ・イリイチャ」に勤務。1985年ドルゴールコヴォ地区党第二書記。1987年ドブリンカ(ドブリンスキー)地区党第一書記1989年レーニン・スタジアム(現在のルジニキ・スタジアム)で開催された「民主同盟」に参加。党の職責を辞し「リペツク開発」総支配人となる。 1990年リペツク州人民代議員に当選、議会内では農業委員会に所属する。1991年ソ連8月クーデターを受けてソ連共産党を離党した。以後、2003年まで無所属。1992年5月、リペツク州議会議長に選出され、1998年に行政長官に就任するまでその地位にあった。1993年11月新設されたロシア連邦議会上院連邦会議代議員に選出される。上院では予算・財政委員会と農業政策委員会に所属した。1996年1月、上院議員に再選。エゴール・ストローエフ上院議長の下で副議長を勤めた。1997年ロシア政界における「マン・オブ・ザ・イヤー」に選ばれる。 1998年4月12日、リペツク州行政長官(知事)選挙で79.38パーセントを獲得、現職のミハイル・ナローリンを下して当選した。2002年4月14日再選。

外部リンク[編集]

先代:
ミハイル・ナローリン
リペツク州行政長官(知事)
1998年 -
次代:
(現職)