オリータ・アダムス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリータ・アダムス
左端がオリータ・アダムス}
左端がオリータ・アダムス
基本情報
出生名 Oleta Adams
出生 1953年5月4日(61歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ワシントン州シアトル
ジャンル ゴスペルソウルポップジャズ
職業 歌手ピアニスト
担当楽器 ボーカル, ピアノ
活動期間 1980年 - 現在
レーベル Koch Records、マーキュリー
共同作業者 ティアーズ・フォー・フィアーズ
公式サイト http://www.oletaadams.com

オリータ・アダムスOleta Adams)は、アメリカ人のソウルジャズゴスペルを歌う女性シンガーにしてピアニスト。アダルトな楽曲を情感豊かなボーカルで歌うスタイルがトレードマークとなり、ジャジーでソウルフルな楽曲を数多く放っている。


来歴[編集]

デビュー以前[編集]

オリータは、伝道師の娘として生まれ、ゴスペル音楽と共に育てられた。若い頃に家族と一緒に、しばしば彼女の生誕地として紹介されるヤキマワシントン)へ移り住んだ。1970年代には、ロサンゼルスカリフォルニア)に移住し、デモ・テープの制作を行ったが、多くの音楽経営陣はディスコ音楽(すなわちオリータのスタイルでない)に興味があるばかりといった状況だった。彼女の歌のコーチであるリー・ファレルの助言により、彼女はカンザスシティへと移動して様々なローカル・ギグを行い始めた。1980年代初頭、オリータは2枚の自主制作アルバムを発表し音楽的キャリアをスタート。ごく限定的な成功を収めた。

ティアーズ・フォー・フィアーズとの共同制作[編集]

1985年、カンザスシティ(ミズーリ)のバーにてオリータのパフォーマンスを観たイギリスのポップ・バンド、ティアーズ・フォー・フィアーズ(以下、TFF)のローランド・オーザバルカート・スミスによって彼女は見出されることとなった。彼らは次のアルバム『シーズ・オブ・ラヴ』の歌手としてバンドに加わるようオリータを誘ったのだ。

1989年には『シーズ・オブ・ラヴ』がリリースされ、シングル「ウーマン・イン・チェインズ」(オリータとローランドのデュエットとして歌われた)は彼女の最初のヒットとなった。1990年、TFFの世界ツアーにもサポート・メンバーとして同行し、ピアノとボーカルを披露した。

1990年代[編集]

TFFとの仕事の後、オリータは彼らの所属レーベル、フォンタナとレコード契約を結び、1990年からソロ・キャリアを再開した。新しいアルバム『サークル・オブ・ワン』には共同プロデューサーとしてTFFのローランドが参加した。アルバムは多くの批評家の称賛を受け、ゆっくりとチャートを駆け上り、プレンダ・ラッセルのカバー「ゲット・ヒアー」がグラミー賞にノミネートしビッグ・ヒットとなる頃には、1991年のイギリスで1位を獲得した。1991年にはエルトン・ジョンとバーニー・トーピンのトリビュート・アルバム『トゥー・ルームス ~ エルトン・ジョン・ソングス』に参加。「僕の瞳に小さな太陽」をカバーし、イギリスでトップ40ヒットとなった。

次作アルバム『エヴォルーション』も商業的な成功を収め、イギリスでトップ10を獲得。1994年には初来日公演を行っている。1995年の『ムーヴィン・オン』は彼女のR&B指向が反映された作品となった。同年、TFFのアルバム『キングス・オブ・スペイン』では「Me And My Big Ideas」をデュエットするため、ローランドと再会を果たした。2年後にはキリスト教をテーマとしたゴスペル色の強いアルバム『Come Walk With Me』をリリースしている。1998年、フィル・コリンズが大編成でジャズを演奏したフィル・コリンズ・ビッグバンドに参加した。

2000年代[編集]

2001年になるとリッキー・ピーターソン、ピーター・ウルフらをプロデューサーに迎えたアルバム『オール・ザ・ラヴ』をリリース。2004年には、TFFのカンザスシティ・コンサートにて特別ゲストとして「ウーマン・イン・チェインズ」を披露している。2006年、初めてのクリスマス・アルバムを発表。2008年1月に2度目の来日公演を開催。2009年には『Let's Stay Here』という宗教色の薄い新作アルバムを発表している。

私生活[編集]

1994年に、オリータはカンザスシティのユナイテッドメソジスト教会で、ドラマーのジョン・カッションと結婚した。その教会にて彼らは日曜学校で教える間柄だった。彼らは1980年、オリータのデモテープ制作時に出会った。オリータは結婚に対する情熱を持っていなかったが、1994年1月17日に、ロサンゼルス地震に巻き込まれた際に、神からの啓示と解釈し、結婚を決意したという。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • サークル・オブ・ワン - Circle of One (1990)
  • エヴォルーション - Evolution (1993)
  • ムーヴィン・オン - Moving On (1995)
  • ベリー・ベスト・オブ・オリータ・アダムス - The Very Best of Oleta Adams (1996)
  • Come Walk With Me (1997)
  • オール・ザ・ラヴ - All the Love (2001)
  • Ultimate Collection (2004)
  • Christmas Time With Oleta (2006)
  • Let's Stay Here (2009)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]