オラニエスタッド (シント・ユースタティウス島)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オラニエスタッドOranjestad)は、カリブ海小アンティル諸島にあるオランダの特別自治体、シント・ユースタティウス島の中心地である。英語名のオレンジタウンOrangetown)でも知られる。人口は約1,000人。

歴史のある港町で、オランダ植民地時代の町並みを残す。17世紀から18世紀にかけては貿易で栄え、シント・ユースタティウス島は「ゴールデン・ロック」の異名で呼ばれた。最盛期のオラニエスタッドには30,000人の住民が暮らしていた。

オラニエスタッドには、シント・ユースタィウス島の歴史などが分かる博物館や、17世紀に名をはせたオラニェ砦(fort Oranje)などの砦がある。1775年に建設されたホーネン・ダリム・シナゴーグは現在は遺跡となっているが、新大陸で建てられた最古のシナゴーグである。