オフリド湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オフリド湖
Ohridsoeen.jpg
所在地 マケドニア共和国アルバニア
面積 358 km2
周囲長 - km
最大水深 288 m
平均水深 155 m
貯水量 55.4 km3
水面の標高 693 m
成因 -
淡水・汽水 淡水
湖沼型 -
透明度 - m
テンプレートを表示

オフリド湖マケドニア語: Охридско Езеро、ラテン文字表記:Ohridsko Ezeroアルバニア語: Liqeni i Ohrit)は、マケドニア共和国アルバニアの境にある湖。おそらくヨーロッパでも最古の湖で、古代湖のひとつ。

地理[編集]

衛星写真
オフリド湖(左)とプレスパ湖(右)

オフリド湖はバルカン半島で最も水深の深い湖である。最深で288メートル、平均で155メートルである。最長30.4キロ、幅14.8キロ、湖岸線の長さは87.53キロメートルで、マケドニア側が56.02キロ、アルバニア側が31.51キロを領有している。

オフリド湖の東10kmにある大プレスパ湖とは標高差が150mもあるため、大プレスパ湖から流れ出た水は初めカルスト台地の地中を通り、湧水となってオフリド湖にそそぐ。 オフリド湖からは黒ドリニ川がアルバニア国内を流れ、アドリア海へ注いでいる。

湖周辺は渡り鳥が越冬する湿地があり、ニシハイイロペリカンメジロガモハクチョウカラフトワシカタシロワシといったまれな鳥も含まれる。

世界遺産[編集]

オフリド湖畔にたつ聖ヨヴァン・カネオ教会

1979年から1980年にかけて、オフリド湖は、湖畔のオフリド市街と共に「オフリド地域の自然・文化遺産」としてユネスコ世界遺産に登録された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]