エーヌ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エーヌ川
エーヌ川
延長 300 km
水源の標高 295 m
平均流量 63 /s
流域面積 7,752 km²
水源 マルヌ県
河口・合流先 オワーズ川
流域 フランスの旗 フランス
テンプレートを表示
第一次世界大戦中、エーヌ川沿いに掘られたドイツ軍の塹壕

エーヌ川(Aisne)は、フランス北東部を流れるで、オワーズ川の支流である。ローマ時代にはAxonaと呼ばれていた。

サント=ムヌー近郊のアルゴンヌの森に源を発し、コンピエーニュ近郊でオワーズ川に合流する。第一次世界大戦の悲惨な3度の戦いが、エーヌ川谷で起きた。

流域の自治体[編集]

航行[編集]

小さなボートでエーヌ川流域の大半を航行できる。運河がエーヌ川とセーヌ川ムーズ川をつないでいる。小さな容量の水路ネットワークで、エーヌ川とラテラル・ア・レーヌ運河が、大規模穀物生産地である農業都市ソワソンとエーヌ川谷双方を航行可能にした。水路はヨーロッパ北西部と小さな内陸港のランス[1]とをつないでいる。エーヌ川はオワーズ川、レーヌ・ア・ロワーズ運河、アルデンヌ運河、レーヌ・ア・ラ・マルヌ運河によって他の水路とつながっている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 冶金産業で内陸水路輸送に依存する。
  2. ^ Source: NoorderSoft Waterways Database.