エレニ・カラインドルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エレニ・カラインドルー[1]ギリシア語: Ελένη Καραΐνδρου1941年11月25日 - )は、ギリシャの女性作曲家

ティヒオΤείχιο)に生まれ、アテネで成長。エリニコ・オディオΕλληνικό Ωδείο)でピアノ音楽理論を学び、1969年から1974年にかけてパリで民族音楽を研究し、ギリシャに戻った。

映画音楽や劇場用音楽の作曲など、多方面で活躍している。多くの映画監督との協力関係があるが、1982年以来、テオ・アンゲロプロスの多くの映画作品(『霧の中の風景』『永遠と一日』『エレニの旅』など)で作曲をしている。

脚注[編集]

  1. ^ エレニ・カラインドロウ」と転写されることもあるが、ギリシャ語の"ρου"は「ル」もしくは「ルー」と転写し得るものである。

出典・外部リンク[編集]