エレジー (フォーレ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

チェロと管弦楽のためのエレジー ハ短調》(仏語Élégie pour violoncelle et orchestre作品24は、ガブリエル・フォーレが1880年に作曲したチェロ独奏と管弦楽のための楽曲。チェロとピアノのための二重奏版も存在する。3部形式(ABA形式)で構成されており、元々は、完成されなかったチェロソナタのために緩徐楽章として構想された。1890年に指揮者エドゥアール・コロンヌの要請によってオーケストレーションを施された。1883年に他界したジュール・レープ(Jules Loeb)に献呈されている。物悲しく厳粛な開始と、恋の絶望を象徴する濃密で早足の楽節によるクライマックスとが際立っている。

楽器編成[編集]

フルート2、オーボエ2、クラリネット2、バスーン2、ホルン4、チェロ独奏、弦楽合奏

外部リンク[編集]