エルンスト・フォルストホフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルンスト・フォルストホフ(Ernst Forsthoff、1902年8月13日-1974年8月13日)はドイツ国法学者である。ワイマール共和国の時代から、ドイツ連邦共和国の時代に至る長きにわたり、憲法学や行政法学について多くの論文を発表してきた。行政法学において、侵害行政と給付行政の区別を主張したことは有名である。

略年譜[編集]

  • 1902年 ドイツのデュイスブルク・ラールでプロテスタント教会の牧師の息子として生まれる。
  • 1922年 フライブルク、マールブルク、ボンの各大学で学ぶ。
  • 1925年 ボン大学で学位を取得する。
  • 1930年 フライブルク大学において、「連邦国家における公共団体」という論文で教授資格を取得する。
  • 1933年 フランクフルト・アム・マイン大学の正教授となる。
  • 1935年 ハンブルク大学で教える。
  • 1936年 ケーニヒスベルク大学英語版で教える。
  • 1941年 ウィーン大学で教える。
  • 1943年 ハイデルベルク大学で教える。以後、1967年に退職するまで、ここにとどまる。
  • 1960年 キプロスの最高憲法裁判所の長官を務める。(~1962年)
  • 1974年 ハイデルベルクで死去。

主要著書[編集]

  • Lehrbuch des Verwaltungsrechts, München,1950.
  • Rechtsstaat im Wandel, Stuttgart,1964.
  • Der Staat der Industriegesellschaft, München,1971.

参考文献[編集]

Meinel, Florian: Der Jurist in der industriellen Gesellschaft: Ernst Forsthoff und seine Zeit. Berlin: Akademie-Verlag, 2011; ISBN 3-050-05101-9.

中富公一「E.フォルストホッフの憲法論の形成」(名古屋大学法政論集95号、1983年)

関連項目[編集]