エルザ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルザ
182 Elsa
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1878年2月7日
発見者 ヨハン・パリサ
軌道要素と性質
元期:2007年4月10日 (JD 2,454,200.5)
軌道長半径 (a) 2.418 AU
近日点距離 (q) 1.971 AU
遠日点距離 (Q) 2.865 AU
離心率 (e) 0.185
公転周期 (P) 3.76 年
軌道傾斜角 (i) 2.00
近日点引数 (ω) 310.12 度
昇交点黄経 (Ω) 107.26 度
平均近点角 (M) 208.43 度
物理的性質
直径 43.68 km
自転周期 80 時間
スペクトル分類 S
絶対等級 (H) 9.12
アルベド(反射能) 0.2083
色指数 (B-V) 0.862
色指数 (U-B) 0.425
■Project ■Template

エルザ (182 Elsa) は、小惑星帯に位置するS型小惑星の一つ。

1878年2月7日にオーストリア天文学者、ヨハン・パリサが発見した。リヒャルト・ワーグナーのオペラ『ローエングリン』の登場人物から名付けられたと言われているが、はっきりとは分かっていない。

自転の周期はかなりゆっくりで、この小惑星の「一日」は地球では3.3日に当たる。この自転の遅さから、伴星の存在する可能性が指摘されている。また光学曲線英語版は起伏が激しく、いびつな形をしていると見られている。

エルザは、1993年にアマチュア天文家にもハッブル宇宙望遠鏡を開放して行われたトランジッション・コメッツ(小惑星の水酸基放射の紫外線観測)の対象となった五つの小惑星の一つである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
エウカリス (小惑星)
小惑星
エルザ (小惑星)
次の小惑星:
イストリア (小惑星)