エルザ (ライオン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルザElsa the lioness1956年1月頃 - 1961年1月24日)は、ケニア生まれのメスライオンである。生後数週間で母ライオンを失ったエルザは、現地の上級狩猟監視官を務めていたジョージ・アダムソン英語版1906年 - 1989年)とその妻で作家のジョイ・アダムソン1910年 - 1980年)に家族同様に育てられていたが、やがて野生復帰の試みが実った。エルザとその生涯については、ジョイの著作及びそれを題材にした映画によって広く知られている。

生涯[編集]

エルザには、2頭の姉妹ライオン「ビッグ・ワン」(Big One) と「ラスティカ」(Lustica[1]がいた。ジョージは狩猟監視の業務遂行中に、やむなく母ライオンを殺す破目に陥ったため、生後数週間で孤児となった3頭を保護して連れ帰ったのだった。エルザは3頭の子ライオンのうち、一番体が小さかったが、性質は勇敢で好奇心旺盛だった。ジョイは、その子ライオンが彼女の知人女性に似ていると思い、その女性の名にちなんで「エルザ」と呼ぶようになった。生後5ヶ月を過ぎた頃、ビッグ・ワンとラスティカはオランダロッテルダム動物園(en:Diergaarde Blijdorp)に引き取られ、アダムソン家にはエルザのみが残った。

幼いころのエルザは、飼いならされたペットと同様にジョイの元で過ごした。エルザが最も信頼したジョイは、エルザとの関係をペットと同様だと看做していた。ジョイは断固として、エルザが野生で狩をして、そして独力で生き抜くための訓練を施した。ジョイの尽力は報われ、エルザは彼女の元を離れていった。

やがて3歳になったエルザは、アダムソン夫妻のもとに3頭の子ライオンを引き連れて訪れた。エルザは以前と同様に、夫妻に対して親愛の情を示した。夫妻はエルザの子ライオンに、オスの2頭はジェスパ(Jespah[2]、ゴパ(Gopa[3]、そしてメスにはリトル・エルザ(Little Elsa)と名づけた。エルザとその子供たちについては、ジョイが『野生のエルザ』(Born Free、1960年)に続いて発表した『Living Free』(1961年)に記述されている。

エルザは、ネコ属の動物がしばしば感染するマラリアに類似した性質を持つバベシア症が引き起こす感染症に罹患し、赤血球を破壊されて死んだ。エルザの遺骸は、メル国立公園(en:Meru National Park)内に埋葬された。

エルザの死後、遺された3頭の子ライオンはアダムソン夫妻を含めた全ての人間との接触を嫌うようになった。3頭は捕獲されて、ケニアの隣国タンガニーカ(現在のタンザニア)にあるセレンゲティ英語版に移送された。夫妻はたびたびセレンゲティを訪れた。最初のころは3頭に会うこともできたが、その後姿を見かけることもなくなった。それでも夫妻は、エルザの子供たちとその子孫がセレンゲティで生き抜いていることに期待を持っていた。 

エルザは、ジョイの著作『野生のエルザ』を始めとした三部作[4]と『野生のエルザ』を原作にした同名の映画『野生のエルザ』(en:Born Free1966年)で名を残すことになった[5]

映画[編集]

野生のエルザ[編集]

野生のエルザ
Born Free
監督 ジェームズ・ヒル
トム・マッゴーワン
脚本 ジェラルド・L・C・コプリー
原作 ジョイ・アダムソン
製作 サム・ジャッフェ
ポール・ラディン
製作総指揮 カール・フォアマン
出演者 ヴァージニア・マッケンナ
ビル・トラヴァース
音楽 ジョン・バリー
主題歌 マット・モンロー
『Born Free』
撮影 ケネス・タルボット
編集 ドン・ディーコン
配給 コロンビア映画
公開 イギリスの旗 1966年5月14日[6]
日本の旗 1966年3月15日[7]
上映時間 95分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

野生のエルザ』(やせいのエルザ、原題:Born Free)1966年公開のイギリス映画。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
NETテレビ版 TBS版
ジョイ・アダムソン ヴァージニア・マッケンナ 二階堂有希子 馬渕晴子
ジョージ・アダムソン ビル・トラヴァース 柳生博 井上孝雄
ケンドル ジェフリー・キーン 北村弘一 吉沢久嘉
ジェームズ ロバート・ヤング 仲木隆司 嶋俊介
ヌル ピーター・ルコイエ 上田敏也 安田隆
ワトソン ジェフリー・ベスト 国坂伸 西桂太
その他:加藤治中川まり子佐久間あい野沢マキ
演出:山田悦司、翻訳:宇津木道子、調整:山田太平、効果:赤塚不二夫、選曲:東上別符精
  • アダムソン夫妻を演じた、マッケンナとトラヴァース、NETテレビ版の吹き替えを担当した二階堂と柳生、TBS版の吹き替えを担当した馬渕と井上は私生活でも夫婦である。

スタッフ[編集]

受賞とノミネート[編集]

第39回アカデミー賞
  • 受賞:作曲賞 - ジョン・バリー
  • 受賞:歌曲賞 - ジョン・バリー、ドン・ブラック

東映まんがまつり[編集]

本作はその後、1975年7月26日公開の『東映まんがまつり』内でダイジェスト版が上映された。同時上映は次の通り(▲マークは劇場用新作。無い物はテレビブローアップ作品)。

テレビドラマ[編集]

1975年1月6日から同年3月31日まで、フジテレビ系列の月曜20:00 - 20:55(JST)で放送、前番組『ジャンボクイズ100対100』の打ち切りにともない、改編時までのつなぎとして放送された。

フジテレビ 月曜20時枠
【当番組よりドラマ枠
前番組 番組名 次番組
野生のエルザ
(テレビドラマ)

脚注[編集]

  1. ^ 「陽気な子」という意味である。
  2. ^ この名は、現地に住むメル族の間で人気のある名前だったという。
  3. ^ スワヒリ語で「臆病」という意味である。
  4. ^ 『Born Free』に続く『Living Free』(1960年)と『Forever Free』(1961年)の2冊は、日本においては『永遠のエルザ』(1962年)、『わたしのエルザ』(1963年)、『エルザの子供たち』(1964年)の3冊に分けて文芸春秋新社から発行された。
  5. ^ Born Free (1966) インターネットムービーデータベース、2010年12月27日閲覧(英語)
  6. ^ Release dates for Born Free”. IMDb. 2012年3月31日閲覧。
  7. ^ 野生のエルザ”. キネマ旬報. 2012年3月31日閲覧。
  8. ^ 映画『マダガスカル 』でも使われている。

参考文献[編集]

  • ジョイ・アダムソン『野生のエルザ』(改訂新版)藤原英司・辺見栄訳、文芸春秋、2003年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

リダイレクトの所属カテゴリ[編集]