エリーザベト・フォン・ポンメルン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神聖ローマ皇后エリーザベト

エリーザベト・フォン・ポンメルンドイツ語Elisabeth von Pommern, 1347年 - 1393年4月15日)は、神聖ローマ皇帝カール4世の皇后。

ポメラニア公ボグスワフ5世(pl)とポーランド王女エルジュビェタカジミェシュ3世の子)の長女として生まれた。ポーランド語名はエルジュビェタ・ポモルスカ(Elżbieta Pomorska)。

1363年クラクフで30歳以上年長のカール4世と結婚した。この結婚には同盟するポーランド・ハンガリーラヨシュ1世と共に、オーストリア大公ルドルフ4世の反ボヘミア派と対抗する目的があった。1363年、エリーザベトはプラハでボヘミア王妃として戴冠、1368年には神聖ローマ皇后として戴冠した。

野心的で健康であったというエリーザベトには、6人の子が生まれた。

1378年に夫と死別後、継子にあたるヴェンツェルが即位した。エリーザベトはジギスムントとヨハンの2人の養育に取り組み、ジギスムントがハンガリー王位を獲得するのを支援した。

1393年、フラデツ・クラーロヴェーで死去、聖ヴィート大聖堂に眠る夫の横に埋葬された。