ヨハン3世 (ニュルンベルク城伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨハン3世・フォン・ニュルンベルクJohann III. von Nürnberg1369年頃 - 1420年6月11日)は、ホーエンツォレルン家出身のニュルンベルク城伯(在位:1397年 - 1420年)。ニュルンベルク城伯フリードリヒ5世マイセン辺境伯フリードリヒ2世の娘エリーザベトの長男。後にブランデンブルク選帝侯となるフリードリヒ6世の兄。

生涯[編集]

1375年神聖ローマ皇帝カール4世の娘で、後に皇帝となるヴェンツェルの異母妹、ジギスムントの同母妹にあたるマルガレータと婚約した。1385年にフリードリヒ5世は息子達に所領を分割統治させることを決め、両者の将来の土地分割に関するDispositio Fridericianaと呼ばれる協約を定めた。1396年には、ジギスムントと共にブルガリアニコポリスの戦いに参戦し、彼の命を救う活躍をした。1397年に父が引退すると、数年は弟のフリードリヒ6世と共同で全所領を統治した。遅くとも1403年9月までには、父の定めた分割相続の規定が実行され、ヨハン3世はob dem Gebirg(山地の上)の領域を統治することとなり、その宮廷をクルムバッハのプラッセンブルク城に構えた。

1390年以降、ヨハンはヴェンツェルの最も親密な腹心の一人に数えられ、消沈したルクセンブルク家に帝国の多くの仕事を持ち込み、活性化するよう試みた。しかし、1400年のヴェンツェルの罷免を阻止することはできなかった。ヨハン3世は1420年6月11日に亡くなり、ハイルスブロン聖堂に最後の安息を見いだした。

マルガレータとの間には、1406年ヴュルテンベルク伯エーバーハルト3世に嫁ぐことになる娘エリーザベト(1429年死去)が生まれただけであった。この為、死後はフリードリヒ6世が単独で領土を相続、後にジギスムントから選帝侯に任命された。

参考文献[編集]

  • Harald Stark: Burggraf Johann III. von Nürnberg (1369–1420). In: Archiv für Geschichte von Oberfranken, Bd. 83, Bayreuth 2003, S. 65–80.

外部リンク[編集]

先代:
フリードリヒ5世
ニュルンベルク城伯
1397年 - 1420年
次代:
フリードリヒ6世
1420年までは分割統治であった。
先代:
新設
ブランデンブルク=
クルムバッハ辺境伯
1398年 - 1420年
次代:
フリードリヒ6世