エフゲニー・エフトゥシェンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Evtushenko.jpg

エフゲニー・アレクサンドロヴィチ・エフトゥシェンコロシア語: Евгений Александрович Евтушенко イェヴギェーニイ・アリェクサーンドライチ・イェフトゥシェーンカ1933年7月18日 - )は、ロシア詩人

人物・経歴[編集]

1948年、15歳で投稿した詩がスポーツ誌に採用されて以来、学業を捨て詩の道に専心。1952年に処女詩集を発表し、ゴーリキー大学に入学したが、スターリン批判の衝撃直後の1957年に退学処分になっている。第2詩集の『第三の雪(Tretii sneg )』(1955年)以後、自由への欲求を大胆に表現した抒情詩で圧倒的な人気を得る[1]

1961年、エフトゥシェンコは詩バビ・ヤールを書き、ユダヤ人迫害に対するソ連の無関心を告発した。バビ・ヤールとは、ウクライナキエフ地方にある峡谷の地名で、1941年ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺が行われた場所である。作曲家ショスタコーヴィチはこの若き詩人に感銘を受け、1962年バビ・ヤールと他のエフトゥシェンコの詩を歌詞に取り入れた合唱付き交響曲第13番を作曲した。

出典・参考文献[編集]

ロシア語から翻訳されたフランス語版がパリで先に発行されて、その内容がソヴィエト連邦内では非難を浴びた作品。 [2] [3]
  • 草鹿外吉 『エフトゥシェンコの詩と時代』 光和堂、1963年。
  • 『ジュニア版 世界の詩人 ロシア・ソビエト』 草鹿外吉、さ・え・ら書房、1972年。

脚注[編集]

  1. ^ ブリタニカ国際大百科事典より
  2. ^ エフトゥシェンコ(Kotobank)
  3. ^ Bratsk Station (Britannica Online)