エバンジェリスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エバンジェリストとは、キリスト教における伝道者のこと。転じて外資系IT企業に多くみられる、最新のIT技術を分かりやすく説明する役職についてもこのように呼ばれる。業務の一環として、講演執筆セミナーを主に実施する。

日本IBMマイクロソフトでは正式な職位として存在しており、テクニカル・エバンジェリスト、テクノロジー・エバンジェリスト、ソフトウェア・エバンジェリストなど様々なものが存在する。

日本における著名なエバンジェリストには、西脇 資哲(日本マイクロソフト)、中山 五輪男(ソフトバンク)、玉川 憲 (Amazon Web Services)、米持 幸寿(日本IBM)、後藤 和貴 (Cloudpack)、渥美 俊英(電通国際情報サービス) 、吉田 雄哉(co-meeting)、長沢 智治(Atlassian)、寺田 佳央(日本オラクル)などがいる。

関連項目[編集]