エバルトの方法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エバルトの方法(エバルトのほうほう、Ewald method)は、分子動力学法量子化学的手法バンド計算手法などで、単位胞(またはスーパーセル)内の原子核(またはイオン芯)同士のクーロン相互作用を効率良く計算する手法。

計算対象を実空間での計算が都合のよい部分と、逆格子空間での計算が都合のよい部分との二つに分けて別々に計算を行い、これら二つの計算結果の和が求めるべき答となる。

関連項目[編集]