エドワード・ダンロップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドワード・ダンロップ
Edward-Dunlop20101114.jpg
2010年エリザベス女王杯表彰式
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
生年月日 1968年10月20日(45歳)
初免許年 1994年
経歴
テンプレートを表示

エドワード・ダンロップEdward Alexander Leeper Dunlop1968年10月20日- )は、イギリス競走馬調教師。通称エドEd[1]。父は調教師のジョン・ダンロップ

来歴[編集]

ニッキー・ヘンダーソン厩舎調教助手を3年間務めた後、アレックス・スコット厩舎の調教助手となる。1994年、スコットが元従業員に射殺されたため、エドワードはマクトゥーム・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームのバックアップを受けて厩舎を引き継ぎ、開業した[2]

1996年5月12日ターリブ(Ta Rib)でプール・デッセ・デ・プーリッシュ(仏1000ギニー)を勝ち、G1初制覇。9月7日イクタマル(Iktamal)でスプリントカップを勝ち、イギリスG1初制覇。

2004年ウィジャボード(Ouija Board)がブリーダーズカップ・フィリー&メアターフなどG1を3勝。同馬はカルティエ賞年度代表馬・最優秀3歳牝馬、エクリプス賞最優秀芝牝馬に選ばれた。

2005年11月27日ジャパンカップにウィジャボードが出走。管理馬の日本初出走を果たす。レースは日本レコードの2分22秒1というタイムで決着し、ウィジャボードは勝ったアルカセット(Alkaased)から0.3秒差の5着に敗れた。次走、12月11日香港ヴァーズには勝利し、香港G1初制覇を果たした。これが7ヶ国目のG1制覇である。

2006年、ウィジャボードが再びブリーダーズカップ・フィリー&メアターフなどG1・3勝を挙げ、カルティエ賞年度代表馬・最優秀古馬牝馬、エクリプス賞最優秀芝牝馬に選ばれた。

2010年11月14日スノーフェアリー(Snow Fairy)でエリザベス女王杯を優勝。日本での初勝利と共に8ヶ国目のG1制覇を果たしたが、その後検量を、調教助手が馬装具の一部を外して行っていたことが発覚し、11月17日日本中央競馬会より厳重注意処分を受けた[3]

2011年11月13日にスノーフェアリーでエリザベス女王杯を連覇。1頭の外国馬が日本の平地GIを2勝したのはこれが初めてのことである。

2012年8月19日にスノーフェアリーでジャンロマネ賞を優勝。しかしその後の薬物検査で禁止薬物が検出されたため、スノーフェアリーは失格となった[4]

ウィジャボードを初め活躍馬に牝馬が多く、牝馬クラシックでは4頭で6勝を挙げているのに対し、牡馬クラシックではまだ1勝もしていない。

主な勝ち鞍[編集]

イギリス[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]