エドワード・エヴァン・エヴァンズ=プリチャード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エドワード・エヴァン・エヴァンズ=プリチャード(Sir Edward Evan Evans-Pritchard, 1902年9月21日 - 1973年9月11日)はイギリスの社会人類学者。オックスフォード大学の社会人類学教室で1946年から1970年まで教授職を務めた。

概要[編集]

機能から意味へ、科学主義から人文主義への転換を提唱し、大きな影響を与えたイギリス社会人類学の中心人物のひとり。 呪術妖術)や宗教、結婚制度などを研究した。

経歴[編集]

著作[編集]

  • E.E. エヴァンズ=プリチャード 『アザンデ人の世界―妖術・託宣・呪術』 向井元子訳、みすず書房2001年(原著1937年)。
  • E.E. エヴァンズ=プリチャード 『ヌアー族 : ナイル系一民族の生業形態と政治制度の調査記録』 向井 元子訳、平凡社ライブラリー、1997年(原著1940年)。ISBN 4582762190
  • E.E. エヴァンズ=プリチャード (1949). The Sanusi of Cyrenaica.. London: Oxford University Press.. 
  • E.E. エヴァンズ=プリチャード 『ヌアー族の親族と結婚』 長島信弘,向井元子訳、岩波書店、1980年(原著1951年)。
  • E.E. エヴァンズ=プリチャード 『ヌア─族の宗教』 向井元子訳、岩波書店、1982年(原著1956年)。